若きウェルテルの悩み

59 の用例 (0.00 秒)
  • ドイツの作家ゲーテの小説『若きウェルテルの悩み』を題材にしている。
  • 「若きウェルテルの悩み」が書かれたのは、まさにこうした時代であった。 ゲーテ/井上正蔵訳『若きウェルテルの悩み』より引用
  • この時の彼自身の経験が、『若きウェルテルの悩み』の題材となっている。
  • この町が小説「若きウェルテルの悩み」の舞台となったのである。 ゲーテ/井上正蔵訳『若きウェルテルの悩み』より引用
  • 彼女には婚約者があり、「若きウェルテルの悩み」のモデルとなった。 ゲーテ/井上正蔵訳『若きウェルテルの悩み』より引用
  • また、ゲーテの『若きウェルテルの悩み』にも類似した表現がすでに用いられていた。
  • その実りこそ『若きウェルテルの悩み』であるということができる。 ゲーテ/井上正蔵訳『ゲーテ詩集』より引用
  • しかし実際には『若きウェルテルの悩み』をオペラにする構想を早くも1880年頃にすでにしており、これは友人たちに宛てた手紙の中で言及している。
  • 当時一般の少女よりも充実した教育を受け、この間に多くの文学作品に触れ、英訳されたゲーテの『若きウェルテルの悩み』も読んだという。
  • この劇作によってゲーテはドイツの作家となり、次作「若きウェルテルの悩み」によって世界の作家となったのである。 ゲーテ/井上正蔵訳『若きウェルテルの悩み』より引用
  • 「若きウェルテルの悩み」の読者は、それぞれの立場からさまざまの答えを引き出すにちがいない。 ゲーテ/井上正蔵訳『若きウェルテルの悩み』より引用
  • この友人の自殺とシャルロッテへの恋という2つの体験が、ゲーテに『若きウェルテルの悩み』の構想を抱かせることとなった。
  • ゲーテは小説『若きウェルテルの悩み』のクライマックス・シーンの中に、オシアンの一部を自身の手で翻訳して挿入したほどである。
  • 画期的という言葉が文字どおり実質的内容をもって使われるとすれば、「若きウェルテルの悩み」は、ドイツ文学史におけるまさしく画期的な散文芸術であり、世界の文学史においても画期的な恋愛小説であるといっても過言ではない。 ゲーテ/井上正蔵訳『若きウェルテルの悩み』より引用
  • 要するに、「若きウェルテルの悩み」は、二十五才の青年ゲーテが書いた大胆な自己告白の小説であって、一七八六年ゲーテの著作集が刊行されたとき、内容が若干改訂され、こんにち、われわれが読むような完稿になったものである。 ゲーテ/井上正蔵訳『若きウェルテルの悩み』より引用
  • この軽騎兵はドイツ語やイタリア語にも堪能たんのうだったので、デュマにこれらの外国語を教え、二人でイタリアの詩人ウゴ・フォスコロの美しい小説を翻訳したり、ゲーテの「若きウェルテルの悩み」や、ドイツの詩人のビュルガーの「レオノーレ」などを読んだのであった。 アレクサンドル・デュマ/石川登志夫訳『鉄仮面(下)』より引用
  • 初期のゲーテはヘルダーに教えを受けたシュトゥルム・ウント・ドラングの代表的詩人であり、25歳のときに出版した『若きウェルテルの悩み』でヨーロッパ中にその文名を轟かせた。
  • 以上のような若いゲーテの体験からもわかるように、「若きウェルテルの悩み」は、ヴェッツラールにおけるゲーテの恋愛とイェルーザレムの死が、作品を生む主要な背景となったのである。 ゲーテ/井上正蔵訳『若きウェルテルの悩み』より引用
  • 私は私なりに、あたらしい「若きウェルテルの悩み」の文体を作り出すほかはなかった。 ゲーテ/井上正蔵訳『若きウェルテルの悩み』より引用
  • そこへ行くとわたしは腰をおろして、茶か一杯のブドウ酒を飲み、彼女が女主人の役を演ずるのを見ながら、ときにはセンチメンタルな気持ちに襲われたが、ただし、自分の心に起こりうるかもしれないいっさいのウェルテル的〔ゲーテの『若きウェルテルの悩み』の主人公〕な感情に対しては不変の嘲笑をもって対抗していた。 ヘッセ/佐藤晃一訳『郷愁』より引用
  • 次へ »