若かれ

全て 形容詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • そしてその中の年とった一人と若い一人とがしきりに何か議論していた。 ...
  • また十マイルも離れている東京まで歩いて買物に行く若い娘を数名見た。 ...
  • それは中年に至るも少しも若さを変へなかつた作者の心そのままである。 ...
  • そしてあのおやじに現れた若さと家霊の表現の意志を継いでやりなさい。 ...
  • お花は帰りに深川のお若の家へ寄って、病気の様子をみて来ると言った。
  • いや現在といわず二十代の時ですら、私は若さを失っていたようである。 ...
  • わたしはとなり座敷のものですが、若いお娘さんはどうなされましたか?
  • 当然だけど、若いってことが武器になるのは今のうちだけなんだからね。 ...
  • 東京があまりに近く、かつ、人々が若すぎたというだけのことであろう。 ...
  • 結婚して若くて死ぬ者が、もっとも幸福な結婚をしたと言えるでしょう。 ...
  • わたしは若い時は年よりだったし、年をとった時は若いものになっている。 ...
  • 今日の若い新らしい作家の中には二十五六年前には未だ生れない人もある。 ...
  • 新造のお君は二十七八の美い女で、男女二人の母親とも見えぬ若さです。 ...
  • わたくしのところへ出這入りする人で、若いかたはあなただけですからね。 ...
  • 家が面白くないといって東京の私の宅にやって来た若い案内者などもいた。 ...
  • 若侍は生命は既にないものと思っていたところであるから、非常に喜んだ。 ...
  • 裏の空家へ若夫婦が引越して来たらしい、長くは人のゐつかない家だが。 ...