若い召使い

11 の用例 (0.00 秒)
  • そして、若い召使いの一人は、その眼差しを国王本人にも向けたのだった。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第01巻 「放浪の戦士」』より引用
  • 夫を亡くしたあるおばさんが、若い召使いたちを家においていました。 イソップ/亀山龍樹訳『イソップ寓話(1)』より引用
  • 若い召使いは、どこに生命の樹があるのか、知りませんでした。 グリム兄弟/塚越敏訳『グリム童話(1)』より引用
  • ところが若い召使いは仕事を怠けたばかりか、ジリアンをばかにするような目で見るではないか。 シモンズ『尼僧院から来た花嫁』より引用
  • 若い召使いは、かかえてきた新しい衣服を彼に着せようとして、傷に気がついたようだった。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第01巻 あいつは優雅な大悪党』より引用
  • 若い召使いは、大喜びで、帰りの旅について、金の林檎を、美しいお姫さまのところに持っていったのです。 グリム兄弟/塚越敏訳『グリム童話(1)』より引用
  • 若い召使いは、庭にすわりこんで、どうしたらこの難問が解けるやら、と考えこんでいたのです。 グリム兄弟/塚越敏訳『グリム童話(1)』より引用
  • 姿見の前に立ったポーラは、そこにいかにも田舎育ちの、健康的な若い召使いを見いだして驚いた。 茅田砂胡『ポーラの休日 (扉最適化)』より引用
  • 誰もが、この美しい、若い召使いを気の毒に思いましたが、やがて、みんなは、この召使いを海辺に残して帰っていきました。 グリム兄弟/塚越敏訳『グリム童話(1)』より引用
  • それから王さまは、金の指輪を海の底から拾ってくるようにと、若い召使いに命じたのでしたが、そのうえ、 「もしもだ、指輪も持たずにあがってきたら、波にまれて命を失うまで、なんべんでも水のなかに突き落とされるのだぞ」と、つけくわえたのでした。 グリム兄弟/塚越敏訳『グリム童話(1)』より引用
  • さっそく、その若い召使いは、海辺うみべへ召されました。 グリム兄弟/塚越敏訳『グリム童話(1)』より引用