芳しい

全て 形容詞
448 の用例 (0.01 秒)
  • 十時に店を開けはしたものの、今日も客の入りはまるでかんばしくなかった。 新井素子『グリーン・レクイエム』より引用
  • センター試験の結果が芳しくなかったのは、そのせいもあるんじゃない? 西尾維新『暦物語』より引用
  • そのうちに判って来たのだが、海方の評判はどこで聞いてもかんばしくない。 泡坂妻夫『死者の輪舞』より引用
  • 家臣たちは六師外道の名を次々と挙げていくが、王の反応は芳しくない。
  • ただし音楽の質の高さとは裏腹に、ドラマの完成度の評価は芳しくない。
  • これら地域限定盤の地域はこのシングルの売上の芳しかった地域である。
  • 奴隷牧場を舞台に描く問題作だが、当時の評判は芳しくなかったという。
  • 密貿易で財を成したと噂されているので歴史家の評価は芳しくないがね。 高橋克彦『偶人館の殺人』より引用
  • 初めはロンドン周辺のクラブで活動していたが人々の反応は芳しくなかった。
  • その結果が芳しくなかったのは問題の提出とは別の理由からである。 竹内好『近代の超克』より引用
  • しかし日本国内での反応は芳しくなく、販売は数年間で終了してしまった。
  • 数々の都市再生計画が立ち上げられたが、いずれも成果は芳しくなかった。
  • 作品に対するアメリカ国内の批評家たちからの評価も芳しくないものだった。
  • 実際に種牡馬成績も芳しくなく、地方重賞勝ち馬が1頭いるのみである。
  • いろいろな国籍の男が寄り集まった、あまりかんばしくないグループでした。 イネス/池央耿訳『孤独なスキーヤー』より引用
  • 彼は地元農民とともに反対運動を起こすも芳しい成果は出なかった。
  • 塩梅はどうかと聞かれたら、かんばしくない、としか言いようがないからだ。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅹ』より引用
  • 芳しい風に吹かれる葉のざわめきのほかには、何の音も聞こえなかった。 クラーク・アシュトン・スミス/大瀧啓裕訳『ゾティーク幻妖怪異譚』より引用
  • しかし1919年頃まで続いた活動の成果は芳しくなかったとされる。
  • 店の経営が本当に芳しくないのだとしたら、それは本物ではないのだろう。 大石圭『飼育する男』より引用
  • 次へ »