花みずき

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • アメリカ花水木と言うくらいだから、アメリカ大陸が原産地なのだろう。 ...
  • 後に日本で花水木はなみずきと呼ばれるようになった樹である。 ...
  • 青タイルをった建物も美しいが、中庭にある花水木がまたすばらしい。 ...
  • わが家の昼下りは花水木の下でシェルティが眠り、私がそれを見つめている。 ...
  • 花水木はなみずきが満開になり、夜目にも白い花を枝いっぱいにのせている。 ...
  • 少し先に池が見え、花水木の花が咲いていた。 ...
  • わが家の花水木もちゃんと春には花を咲かせ、秋には落ち葉を散らす。 ...
  • アパートのくせに敷地の入口には木の引き戸がついていて、玄関までの狭い空間には、ピンク色の花水木はなみずきと黄色い金雀枝えにしだが狂ったように花の色を競わせていた。 ...
  • 花水木と金雀枝の間から前庭を覗いてみたが、二階の明かりが届いているのは物干し用の柱までだった。 ...
  • あの庭には花水木や金雀枝も花を咲かせていたが、山口麻希があのアパートに意地を張るのは、実家のこの風景から気持ちが離れないせいなのかも知れない。 ...
  • 沈丁花じんちようげの強い芳香がようやく薄れ、椿が落ち、花水木が白い花弁を開いてきた。 ...
  • それが日比谷公園ひびやこうえんの一角に、英国より寄贈されたものだという説明の札をつけて植えてある「花水木はなみずき」というのと少なくも花だけはよく似ているようである。 ...
  • それはむしろ、一昨日の地震のときあたしはちようど高層ビルの何十階かで紅茶を飲んでゐたけれど、あなたはどうしてゐたと訊ねるとか、マンションの中庭の花水木が枯れさうで寂しいとか、そんな話をするやうに、ごく自然に口をついて出たのだつた。 ...
  • 建物の脇は、マンションの住民専用の公園になっていて、花水木や楓の茂みの間に、小川を模したごく浅いコンクリートの水路が作られている。 ...
  • 他に、ボディケアを行うリフレサロンも併設されており、駐車場には『花水木神社』という小さな神社も設置されているほか、敷地内に架けられた吊り橋の先にはグラウンド・ゴルフ場もある。 ...
  • 広大なキャンパスのそこここに植えられた花水木の花が、黄色くしおれて散り始め、梅雨のはしりの冷たい雨が、三日も降り続いていた日のことだった。 ...
  • 近所の庭の梅や花水木はなみずき辛夷こぶしが色づき、金木犀きんもくせいの香りとともに秋の気配が住宅街に立ち込めている。 ...