色内

16 の例文 (0.00 秒)
  • あの小樽の、色内町の坂で会った親切な青年が、そこに立っていた。 ...
  • 明治初期は色内村に属していたが、1881年高島郡稲穂町として分割された。 ...
  • なお同日には併設されていた色内営業所も廃止、おたもい車庫所在地へ移転している。 ...
  • 徹は色内町の坂で会った親切な青年の話を、北原に聞かせた。 ...
  • 曽祖父は晩年、単身小樽市に移り、色内で芝居小屋や飲食店を経営した。 ...
  • 住所は共に、色内町二となっている。 ...
  • 小樽おたる色内町いろないちょうのキト旅館の二階での歎息である。 ...
  • 「はあ、あの、色内町二丁目は、どのあたりですか」 不意に聞かれて徹はどぎまぎした。 ...
  • 東は色内、西は富岡、南は花園、北は石山町、錦町、長橋に接する。 ...
  • 小樽の色内町で生まれた。 ...
  • また同日のダイヤ改正をもって、色内営業所に併設される小樽運河ターミナルへ乗り入れるバスが消滅しており、バスは近隣の停留所である「本局前」もしくは「小樽芸術村」を利用するよう案内されている。 ...
  • 明治三十七年といえば、日露にちろ戦争が始まった年だが、小樽に大火事が起こってね、稲穂町から色内いろない町、それから手宮町と、ま、小樽の盛り場という盛り場は、全部焼けたんだって。 ...
  • 南は色内、錦町、北は高島、西は末広町に接する。 ...
  • 「色内」はアイヌ語のイルエ=ナイに当て字をしたもの。 ...
  • 東は色内、石山町、清水町、西はオタモイ、塩谷、南は旭町、緑、富岡、北は幸と接する。 ...