色の光沢

32 の用例 (0.00 秒)
  • 緑一色の種や虹色の光沢を持つ種等主にニシキヘビとして知られる体色をした種は少ない。
  • アルケスとの違いは本種の方がより体色の光沢が強く、全体に漆を塗ったような姿をしている。
  • 子供と家族は様々な色の光沢紙でハートを作る。
  • 白蝶貝の髪飾りは、見たこともない虹色の光沢こうたくを放っている。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第17巻 すてきな結婚式のための魔法』より引用
  • また光が当たると虹色の光沢が出る。
  • と思うと先生の禿げ頭も、下げる度に見事な赤銅色しゃくどういろの光沢を帯びて、いよいよ駝鳥だちょうの卵らしい。 芥川竜之介『毛利先生』より引用
  • その朝は、彼は藤色の光沢を持った黒っぽいスーツを着て、シャツはクリーム色、ネクタイは赤い地に青い稲妻が走っている柄だった。 イネス/池央耿訳『孤独なスキーヤー』より引用
  • 背面は灰色で、青銅色の光沢があることもある。
  • だがマクシミリアンが見ていたのは、真珠色の光沢をうちに秘めた、絹の手触りのある双丘のほうだった。 山藍紫姫子『アレキサンドライト』より引用
  • また、青銅は戦場の主流から退いたものの、精錬の仕方により白銀色や黄金色の光沢を持つため、その後も儀式用や装飾性の強い武器に用いられた。
  • と思うと先生のはげ頭も、下げるたびにみごとな赤銅色しやくどういろの光沢を帯びて、いよいよ駝鳥だちようの卵らしい。 芥川龍之介『蜘蛛の糸・地獄変』より引用
  • 隕石の内部には、隕石が示すスペクトルと似た色の光沢のある球体があり、ハンマーで叩くと破裂して消滅してしまった。
  • 女たちは若くはなかったが、くるぶしまである、ひだの多いスカートに黄金色の光沢を放つ金属片をつないだベルトをしめていた。 光瀬龍『百億の昼と千億の夜』より引用
  • 体は銀色だが虹色の光沢がある。
  • 繁殖期の雄は紫色や鮮紅色の光沢をもつ婚姻色に輝く。
  • 繁殖期のオスに現れる婚姻色として、非常に見事な虹色の光沢が発色し、それが英名及びその直訳である標準和名の由来となっている。
  • 壁と床には、淡い煉瓦色の光沢のあるタイルが敷きつめられ、ところどころに、太い柱と噴水が配置されている。 夏樹静子『紅い陽炎』より引用
  • メラノタエニア科は最大でも12cm程度の小型魚で、平たい体をしており、メタリックな虹色の光沢を持つ美麗種が多い。
  • にぶ色の光沢の底からハスラーが再び語りかけた。 森村誠一『分水嶺』より引用
  • 成魚のオスは体色が虹色の光沢がある銀青色で鼻先と臀鰭の上下端が赤色、メスと稚魚は体色が灰色で肛門の側に黒斑がある。
  • 次へ »

色の光沢 の使われ方