色々話し

37 の用例 (0.00 秒)
  • 老人はそれからつゞけて幕末の武家の生活状態などを色々話してくれた。 岡本綺堂『三浦老人昔話』より引用
  • 公園に桜がないのには、ちゃんと理由があるって、色々はなしてくれたよな。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 0(短編)』より引用
  • 色々話しの末に言われるには、自分は昔の貴い方の歌を持っている。 宮城道雄『垣隣り』より引用
  • たしかに昨日きのうの夜や、まだ体力がある内ははじめ君に色々話していた気がするな。 沖田雅『先輩とぼく 00』より引用
  • 色々話すべきことはあったが、とてものこと、そんな暇はなかった。 畠中恵『アイスクリン強し』より引用
  • 荒れていた俺でも、ついつい油断ゆだんして、会長に色々話してしまいまして。 葵せきな『生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録1』より引用
  • 彼等は、それから見てきたロシア人のことを色々話した。 小林多喜二『蟹工船』より引用
  • 例によってこっちは名を忘れているが、向うはこっちを憶えていて挨拶し、色々話す。 山田風太郎『戦中派虫けら日記』より引用
  • バットのスイートスポットをあともうちょっと広くしたいとか色々話してくれた。
  • 私共は唯二つ残って居た懐中汁粉かいちゅうじるこをI君に馳走して、色々話しました。 徳冨蘆花『みみずのたはこと』より引用
  • そして、そのあと、旅行は信州の方にするなど、色々話してくれた。 柴田翔『されどわれらが日々──』より引用
  • 私はさっき二十分ばかり枕元に坐って色々話して見たが、調子の狂ったところは少しもないです。 夏目漱石『こころ』より引用
  • わたしはさっき二十分ばかり枕元まくらもとすわって色々話してみたが、調子の狂ったところは少しもないです。 夏目漱石『こころ』より引用
  • 色々話したけど、結局話題の中心は君のことでさ。 原田宗典『屑籠一杯の剃刀 自選恐怖小説集』より引用
  • 色々話していると、段々この青年のいゝ所がめにたって来る。 林芙美子『放浪記(初出)』より引用
  • 夜の部終ってみや古へ山野が来たので、色々話した。 古川緑波『古川ロッパ昭和日記』より引用
  • そのあと、確か色々話したはずなのに、一番印象に残っているのがパンツだというのは一体どういうことなのだろう。 西尾維新『傷物語』より引用
  • 今は詩人としてよりも地主として接していられる当面の問題について色々話して下さる。 若杉鳥子『旧師の家』より引用
  • この子が高校生の頃は、もっと色々話してくれたのに、ねえ? 村山由佳『おいしいコーヒーのいれ方Ⅷ』より引用
  • 色々話しているが、つまりお断りしますということだろう。 三上延『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』より引用
  • 次へ »