色々な話

50 の用例 (0.00 秒)
  • 誰も彼も気さくで親切で、遠くから来た私たちに色々な話をしてくれる。 阿川尚之『アメリカが嫌いですか』より引用
  • 御常は自分の厄介になっている娘婿の事について色々な話をし始めた。 夏目漱石『道草』より引用
  • それにあれ達の色々な話を聞くのが非常に面白かつたものですから。 島村抱月『人形の家』より引用
  • それを茶の間のえんに置いて、彼が飯を食う時給仕をしながら色々な話をした。 夏目漱石『道草』より引用
  • だからラムジーは出来るだけ色々な話をすることにしていた。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える1』より引用
  • 眉間の皺が取れてきた兄や達が、少しずつ色々な話をしてくれるようになった。 畠中恵『おまけのこ』より引用
  • 主人夫婦は色々な話をして座を持っておられる。 森鴎外『ヰタ・セクスアリス』より引用
  • 趙は私に彼が父親から聞いた色々な話をして聞かせた。 中島敦『虎狩』より引用
  • 写真をとられたり、色々な話を聞かれたりしたあとで、銀行の支配人さんがいった。 大阪圭吉『香水紳士』より引用
  • 五人は色々な話をしながら食事を終った。 江見水蔭『月世界跋渉記』より引用
  • 森への行き帰りや休憩時間、俺と色々な話をしながら声を出して笑ったことも一度や二度ではないだろう。 九里史生『SAO Web 0401 第一章~第三章』より引用
  • その病室のベッドの上で、治療を担当してくれた若い僧侶そうりょから、私は色々な話を聞いた。 白井信隆『飛剣術士 アグリー 非恋 (電撃hp09)』より引用
  • でも、この病室で色々な話をするうちに、奇妙な関係のまま距離が縮まってきた気がする。 三上延『ビブリア古書堂の事件手帖1 ~栞子さんと奇妙な客人たち~』より引用
  • 今まで、この世界でしか会うことのできなかった新しい友人たちと初めてリアルで顔をあわせ、色々な話をした。 九里史生『SAO Web 02』より引用
  • お父さんは話し好きのようで、しばらくのあいだ、色々な話につきあわされた。 金城一紀『GO』より引用
  • 小説家というものになりたいのだという辰男は、公会堂の前の広場や家の前に子供らを集めては、色々な話を語ってくれた。 岩井志麻子『夜啼きの森』より引用
  • そのうちにはほぐれて、色々な話が出て来るだろう。 海音寺潮五郎『史談と史論(下)』より引用
  • 和尚さんが茶を出して接待してくれて、色々な話をしていたが、そのあげくこんなことを言った。 海音寺潮五郎『史談と史論(上)』より引用
  • この江戸に参ってからも色々な話を聞いた。 宮部みゆき『震える岩 霊験お初捕物控』より引用
  • 昨日、あんなに泣いて泣き寝入りしたりせずにいられたら、色々な話ができたかもしれないのに。 小野不由美『十二国記 03 風の海 迷宮の岸(上)』より引用
  • 次へ »

色々な話 の使われ方