船成金

36 の例文 (0.00 秒)
  • 第一次世界大戦時の大戦景気で成功した「船成金」の一人として知られる。 ...
  • それから突然、あまり関連もなく彼は船成金の悪口を言いはじめた。 ...
  • 第一次大戦中、神戸には船成金が続出したが、かれはその一人だった。 ...
  • この影響でいわゆる「船成金」が生まれるなど日本経済は好況を呈した。 ...
  • 輸出増によって対外債務が減少し、船成金と呼ばれる資産家が多数出現した。 ...
  • 広海ひろみ二三郎といへば、人も知つてゐる通り船成金ふななりきんの一人である。 ...
  • 船成金たちには来年は苦しい年となるであろう。 ...
  • ところが、彼女のうちを聞くに及んではじめて気がついたことなのだが、そして気がつくと同時に少なからず驚いたことなのだが、彼女の良人おつとというのは、有名な船成金ふななりきん五十嵐仙太いがらしせんたなのである。 ...
  • 山本唯三郎は大戦景気で成功した典型的な船成金であり、最盛期の資産は約4千万円だと噂された。 ...
  • 船成金といへば、大抵船を売買うりかひして懐中ふところを膨らませた連中れんぢゆうだが、広海氏のは少し違つてゐる。 ...
  • 内田は、徒手空拳に近い状態から第一次世界大戦中の好景気に乗って船成金となった人物であったが、政友会に深く食い込んでいながら、加藤にも献金していたのである。 ...
  • 内田汽船・山下汽船・乾汽船など船成金は他にもあったが、山本の豪遊ぶりは突出していた。 ...
  • あの巨大な石垣の上に邸をきずいた大正の船成金などは例外だったし、坂の上の邸町はこれは土地の旧家たちのもので、邸町といっても、土塀、こわれた板塀など、古めかしいものだった。 ...
  • 船成金雨宮万造氏の喜寿のお祝いに招かれた客たちは、その時のなんとも名状できぬ変梃へんてこな感じを、長い後まで忘れることができなんだということだが、それもまことに無理のない話。
  • 台湾銀行からの依頼で買入れた倉庫だが、折からの船成金の簇生そうせいで、その中から言い値で買おうという者が出て来たので、西川としては、売却の決心をかためた。 ...
  • 船成金ができて、金のこはぜの足袋をはいたとさわがれたが、一般の人民生活は、それに便乗してせめても銀のこはぜの足袋でもはいただろうか。 ...
  • それはさておき、雨宮氏の邸宅というのは、代々木のお船御殿とて付近でも評判の変わった建物、邸の外観が船みたいな格好をしているのは、船成金雨宮氏がとくに所有の豪華船の一部を模してつくらせたものとやら。 ...
  • 次へ