興味が薄れる

20 の用例 (0.00 秒)
  • 肉体の興味が薄れた後に残るものの方が、はるかに価値があるはずだ。 森瑤子『恋愛論』より引用
  • 特に病気が分ってからは、あらゆるものへの興味が薄れてしまったようだった。 赤川次郎『マリオネットの罠』より引用
  • 従って、自分のお気に入りがいなくなった時点で番組への興味が薄れてきてしまう。
  • しかし、次第にメンバーの興味が薄れていき、これは完成には至らなかった。
  • 遊馬家の事件に対する興味が薄れたわけではない、むしろ逆だ。 篠田真由美『未明の家 建築探偵桜井京介の事件簿』より引用
  • この頃には陸軍では急降下爆撃機に対する興味が薄れ、一次発注分の900機で生産を中止することとした。
  • 水木さんは一度見ちゃうとすぐ興味が薄れて、顔や態度にそれが表われちゃうから困るんですよ。 足立倫行『妖怪と歩く ドキュメント・水木しげる』より引用
  • 当初、注目を浴びた Linda だが、1990年代半ばには興味が薄れていた。
  • その興味が薄れた時、少年はもっと悲惨に扱われた。
  • それに、新しく出来た建築では興味が薄れた。 松本清張『球形の荒野 新装版(上)』より引用
  • テレビアニメのキャラクター商品の場合、そのキャラクターが登場するアニメの放映終了と共に視聴者である子供の興味が薄れてしまい、商品展開も下火になるという欠点があった。
  • がっくりと落ち込み、自分の人生に対する興味が薄れてきた。 浅野誠『ビジネスマンの精神病棟』より引用
  • それと2003年にマット・ケンゼスがわずか1勝でシリーズチャンピオンを獲得してしまったのを理由とし、ファンのレースへの興味が薄れることを防ぐために導入されたもので、いわば一種のプレーオフのような効果を狙ったものの一つである。
  • 平凡だとがっかりし、その映画全体への興味が薄れる。 赤瀬川隼『人は道草を食って生きる』より引用
  • しかし、この頃にはオーナーであった勝の興味が薄れ、鉄工所が事実上解散状態になったことから、1924年に鉄工所のメンバーらと目黒製作所を設立する。
  • 銃への興味が薄れた秋山はヨットに凝りだした。 大藪春彦『唇に微笑心に拳銃 前・後編』より引用
  • しかし、これは芝居ではない太平記の場合だが、桜井垂訓の章でも小島法師の空想ではないかと思うと興味が薄れる。 山田風太郎『戦中派虫けら日記』より引用
  • ドイツ海軍とドイツ空軍間の政治的内紛、またドイツ海軍自体にも高官達の中で論争があったこと、さらにアドルフ・ヒトラーの興味が薄れたこと、これらが航空母艦建造の足枷となった。
  • 自分が、何なく手に入れられ所有されると定ったものには、何といっても興味が薄れ、無感興になってしまうが、どうも難しい、余程の忍耐や手段を講じなければ、到底指も触れられないとなると、たとい、実際そのものの価値は低くても、人間は熱中し夢中になる。 宮本百合子『火のついた踵』より引用
  • また、2007年度の投票数1位のテーマの票数はわずか19票であったことから、その原因について、全学実行委員会/事務局による広報が徹底されていない、あるいはそもそも京大生の統一テーマへの興味が薄れているからではないか、などとする議論がなされている。