臭いが漂う

32 の例文 (0.00 秒)
  • 常にそこからは物の腐ったような臭いが漂い、ぼくは気持ち悪くなった。 ...
  • 南東隅の山麓には噴気孔があり、島に硫黄の臭いが漂う元となっている。 ...
  • 上空まで血の臭いが漂ってきたが、ホヴィーが動き出すとすぐに消えた。 ...
  • 明らかに違法のにおいが漂うことを指摘するジュウに、雨はこう言った。 ...
  • 密閉された、二人だけの空間に、生活のにおいが漂うのを、彼は嫌悪けんおした。 ...
  • 暗室となっていた室内から、やはり万人のきらにおいがただよってくる。 ...
  • 部屋中には何となく安っぽい香水の臭いが漂っているように思われた。 ...
  • 狭い箱の中にいると、またムートンブーツの発酵した臭いが漂ってきそうだ。 ...
  • 公園から、鳩の糞かなにかの、軽くて獣じみた臭いが漂ってきていた。 ...
  • 男たちの体からもったりした獣の臭いが漂ってくる。 ...
  • 気づいたときには、すでに部屋に酒の臭いが漂い始めている。 ...
  • なにかの燃料ねんりょう刺激臭しげきしゅうと、げたプラスチックや金属きんぞくにおいが漂ってくる。 ...
  • 火山があるため、現在も噴煙や温泉が噴出しており、硫黄の臭いが漂う。 ...
  • 髪はぐっしょりと濡れているし、鼻には獣の臭いが漂ってくる。 ...
  • 斜面の上のほうから血の臭いが漂ってきていた。 ...
  • すると再びあの私のよく知っているにおいが漂い始めた。 ...
  • 鼻の奥がむずつくのは、廃墟のどこかから饐えた臭いが 漂っているから。 ...
  • 次へ