臭い

全て 名詞 形容詞
10,059 の用例 (0.02 秒)
  • 私はそれがなぜ臭くなるまで捨てられずにおいてあるのだろうと思った。 梶井基次郎『檸檬・城のある町にて』より引用
  • 私はそれが何故なぜ臭くなるまで捨てられずにおいてあるのだろうと思った。 梶井基次郎『梶井基次郎全一巻』より引用
  • 伊代は、その言葉を聞くと、九太も変に田舎臭くなったものだと思った。 林芙美子『帯広まで』より引用
  • 汗臭い身体を雨に打たれながら倒れたままで寝ていたことも有ました。 島崎藤村『旧主人』より引用
  • そういえば、どこがとは一言で言えないが、妙に人間臭い印象も受けた。 乙一『平面いぬ。』より引用
  • そばには共同の大きい掃溜はきだめがあって、一種の臭いが半七の鼻をついた。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 理性を失った女性の姿は、どうしてこんなに動物の臭いがするのだろう。 太宰治『女の決闘』より引用
  • なにもかもが芝居臭かったが、それがまたぴったりとくる男でもあった。 藤田宜永『標的の向こう側』より引用
  • ドイツ人はきちんとしていたが、ポーランド人の部屋は不潔で臭かった。 豊田穣『南十字星の戦場』より引用
  • 川の水のにおいが臭くなったのも、もうひとつの原因だったのかも知れない。 田中康夫『昔みたい』より引用
  • アル中だったという人がいるほどの酒好きで、昼からいつも酒臭かった。 ドウス昌代『東京ローズ』より引用
  • 酒臭い湯を口に含んでから、加恵は夫の云うままに仰向いてくちびるをあけた。 有吉佐和子『華岡青洲の妻』より引用
  • その中で銭湯の匂いなどがすると、急に人間臭い気がして不愉快になる。 芥川龍之介『舞踏会・蜜柑』より引用
  • 老人臭いともいえるこの部屋の匂いが、私は決して嫌いではなかった。 坂東眞砂子『身辺怪記』より引用
  • さっきから、部屋の中が妙に化粧品臭かったのは、これだったのかと思う。 貴志祐介『黒い家』より引用
  • ドアがもとどおりに閉められ、ぷんとくる強い煙草の臭いが鼻をついた。 ドイル・アーサー・コナン『チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン』より引用
  • 私は、自分の体が臭くなってしまったかも知れないな、と少し思った。 内田春菊『ファザーファッカー』より引用
  • 油臭い蒲団ふとんの中で、朝為吉が眼を覚ました時には、隣の夜具は空だった。 牧逸馬『上海された男』より引用
  • 女が男を立て、男をお手本にするなどといわれると、陰謀の臭いがする。 田辺聖子『イブのおくれ毛 Ⅱ』より引用
  • 書生に『お前先に入れと命じたが、とても臭くて入れません』といった。
  • 次へ »