自虐的な気分

17 の例文 (0.00 秒)
  • 相手がアイラに似ていることが、むしろ自虐的な気分をそそるようだ。 ...
  • いささか自虐的な気分が彼をつかんでいた。 ...
  • そしてそう思うことで自虐的な気分を味わった。 ...
  • 歌麿は、やや自虐的な気分でそう思い、広い場所で立ち止まった。 ...
  • 自分がいささか自虐的な気分になっていることを自覚しながら、貴子は思わず苦笑する。 ...
  • ショウコは自虐的な気分になって思った。 ...
  • 快とも不快ともつかぬその感覚に、半ば自虐的な気分で酔いながら、私は考えつづける。 ...
  • 半ば自虐じぎゃく的な気分にもなりつつ、僕は紫煙をくゆらせる。 ...
  • 一度は、上智大学の近くの、いかにも学生が好みそうな喫茶店に入りかけた、が、自虐じぎゃく的な気分になりそうだったので、やめた。 ...
  • 自虐的な気分を棚上げにすれば、自分の裸が、相手の支払い限度額を確実にこえて魅力を発揮していることに、ほくそ笑みたい気持ちがまったくなかったといえば嘘になる。 ...
  • 自虐的な気分だった。
  • 諦めと絶望が虚無感を引きおこし、自虐的な気分になって虚無の底の底をのぞいていると、そこにまた、青爾の顔が現れる。 ...
  • 「やっぱり俺は、人のいる場所に近づいたらいけないんだな」 Uぎやく 自虐的な気分になっていると、 「早くここから出ていった方がいいわね」 カイルロッドの心の中を見通したように、ミランシャが腰を上げた。 ...
  • 何となく自虐的な気分だった。 ...
  • あの時ハルユキは、自虐的じぎゃくてきな気分のままにタクムにひど台詞せりふを浴びせ、したたかなぐられた。 ...
  • 自虐的な気分が葉子を襲った。 ...