自由に調節できる

17 の例文 (0.00 秒)
  • ここを抜けるのは身体の骨を自由に調節できる人間だけ、と彼は肩をすくめた。 ...
  • 棚の高さは、自由に調節できるようになっているようだ。 ...
  • マチが一定程度、ベルトによってある程度自由に調節できる鞄も多い。 ...
  • 機械による動きなので揺れの度合いや速度などを自由に調節できる一方で、当然ながら実際の牛の動きとは異なる部分がある。 ...
  • 空調装置の設置位置はアクセスしにくい位置に設置されているものの、多くの機能が自動化されており、運転士が自由に調節できる。 ...
  • ただし、これらの道具は一定の縮小率でしか小さくなれないが、スモールライトは縮小率を自由に調節できるという特徴がある。 ...
  • 培養室の温度は被培養菌種に合わせて二十度から八十度まで自由に調節できる。 ...
  • 職業人たちは透明な漏斗状のへこみの底できわめて冷静に関節の弱点を狙うことを考え、身長と穴の深さの関係を計算し、苦痛の量と時間を自由に調節できる技術を身につけることを練習したのである。 ...
  • 加えて、くしゃみや咳などの、周囲の受験者が発する音によってテストに影響が出たとしても、イヤホンで試験が実施されていること、音声は2回繰り返して再生されること、音量はテスト中に自由に調節できることなどを理由に、救済措置は行わない姿勢を示している。 ...
  • しかし火力が自由に調節できる現在では、頭蓋骨ずがいこつの丸みが残り、しかも大腿骨だいたいこつが自然に折れるくらいの火力が職人さんたちの基準になっている。 ...
  • 客室の座席は特急形電車で使用されていた簡易リクライニングシートを改造したもので、背もたれの角度を自由に調節できるフリーストップ式とし、座面と背もたれはバケット式に改め、座席側面の肘掛け部分には回転式のテーブルを取り付けている。 ...
  • また、平成期には走高跳のバーとの混同でハードルの高さを自由に調節できるとの認識から、物事の許容水準あるいは評価水準を高くすることを「ハードルを上げる」などと表現することもあった。
  • この円筒型の焚口のうえに、漏斗じょうごを複雑にしたようなかっこうのカマが、ななめ仰向あおむけについているが、このカマの仰角ぎょうかくはハンドルによって自由に調節できるようになっている。 ...
  • それもいつ目が覚めるかわからない〝自然睡眠〟ではなく、くすりによって睡眠深度や時間まで自由に調節できる〝人工睡眠〟が理想的である。 ...
  • たとえばダウンフォースを五パーセント程度すくなくして、それに見合ったエンジン・パワーを設定することや、ガソリンの量の変化に合わせてドライバーが運転席からダンパーの強弱を自由に調節できる可変式のダンパーを取りつけたことなどだった。 ...
  • 使えるテクニカラーカメラは7台、火を自由に調節できる装置を考案し、レットとスカーレットのスタントを用意し、1938年12月10日の土曜の夜に開始された。 ...