自律神経失調

94 の用例 (0.00 秒)
  • ただの自律神経失調からおこった気分の沈みなのよ。 篠田達明『にわか産婆・漱石』より引用
  • また鹿児島局から福岡局へ転勤した頃に自律神経失調症を患い、当時を振り返って『病は気からだった』と述懐している。
  • 医師からは自律神経失調症の診断を受けた。
  • どこの医者も首をひねるか、「自律神経失調症」と言うだけ。 江川紹子『私たちも不登校だった』より引用
  • その後、阪神側が関係者に事情聴取したところ、嫌がらせは事実だったことが判明したが、球団側はそれと自律神経失調症との因果関係は認めなかった。
  • てんかんや自律神経失調症・不眠症などの神経・精神の症状から夜尿症、痔核などにも効果がある。
  • 一方で身体化は、円形脱毛症や自律神経失調症など、身体でストレスを表現することで発露する方法である。
  • 自律神経失調症も併発しているのだろう。 尾崎豊『堕天使達のレクイエム』より引用
  • デビュー時からのメンバーである斉藤州一郎はほとんどの曲でコーラスを担当し、ライブではサウンドの要ともなっていたが、自律神経失調症の治療のため2008年3月10日に脱退が発表された。
  • そして「自律神経失調症」用の赤い小さな錠剤をもらい、黙ってそれを飲んで過ごしたが、ぜんぜんよくならなかった。 内田春菊『ファザーファッカー』より引用
  • 先程の尿意といい、いま自分でも聞こえるほどの心臓の鼓動といい、あきらかに自律神経失調の症状だが、これを治める適切な方法がないことは医者である僕が一番よく知っている。 渡辺淳一『シャトウ ルージュ』より引用
  • この頃から自律神経失調症に悩まされ始める。
  • 原因については、激しい脱毛のときに毛穴とその周辺にリンパ球が集まっている様子がみられるので、自己免疫とする説が有力だが、そのほかに自律神経失調説、ストレス説もある。 宮田親平『ハゲ、インポテンス、アルツハイマーの薬』より引用
  • その間に神経科に通院し、自律神経失調症と診断され、何週間かの間、投薬と医師によるカウンセリングを受けています。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 01 鬼隠し編』より引用
  • ただ、甲状腺機能亢進症になった、視力の低下が起こった、自律神経失調症になった、などの報告がある。
  • 臭鼻症患者は、通常の社会生活を営んでいても周囲の人々に不快感を与え、尚且つ臭いことで嫌われてしまうために、患者の精神に鬱病や自律神経失調症などの重大な影響を及ぼしてしまう。
  • 自律神経失調症と診断されることも多い。
  • 一方、原作では佐川和男のキャラクターがドラマ以上に深く描かれており、熟年離婚や自律神経失調症などのトラブルを抱えている。
  • これまで欧米を中心に、更年期以後の女性の自律神経失調症の治療や、同じく女性に多い骨粗鬆症の予防に、女性ホルモンのエストロゲンを補充する治療法が活発に行われてきたが、最近は日本でも行われるようになっている。 宮田親平『ハゲ、インポテンス、アルツハイマーの薬』より引用
  • 道又は自律神経失調症の気味があり、下痢は珍しくない。 高橋克彦『幻少女』より引用
  • 次へ »