自分の地所

29 の用例 (0.00 秒)
  • あたしは自分の地所を持ってる男が欲しいんだよって、あの人に言ったんです。 フーリック/大室幹雄訳『中国黄金殺人事件』より引用
  • なお生活の拠点は自分の地所でありパリへは時折訪れる程度であった。
  • 自分の地所の隅にある深い溝の中で、わたし達はニューマンを発見したのです。 クリスティ/山崎昂一訳『ミス・マープルのご意見は?1』より引用
  • 店を出すにあ、どうしたって、自分の地所続きに賑かな道路がほしいですからなあ。 佐左木俊郎『都会地図の膨脹』より引用
  • その日の昼すぎ、ヴァン・チールはいつものように自分の地所にある森へ散歩に出かけた。 サキ『ザ・ベスト・オブ・サキⅠ』より引用
  • 地主、多くは貴族たちは、自分の地所に運河を開き、通行料をとった。 橋本克彦『日本鉄道物語』より引用
  • そこえら一帯の自作百姓達は、誰も彼も、自分の地所の中に道路を通したい希望を持っているからであった。 佐左木俊郎『都会地図の膨脹』より引用
  • なお、仔馬を飼う夢は、後に自分の地所にて実現することとなる。
  • 結局のところ、自分の地所に満ち足りておらずとも、他のどんな所に移りたいとも思わない。 色川武大『花のさかりは地下道で』より引用
  • そうしたらその連中の土地を買い取って、自分の地所のなかに入れることにすべえ。 トルストイ/北垣信行訳『トルストイ民話集2「人間にはたくさんの土地が必要か」』より引用
  • いまではあんたも気づいておられると思うが、まず第一に、被害者は自分の地所内の、邸からいくらもはなれていない場所で射殺された。 ベントリー/宇野利泰訳『トレント最後の事件』より引用
  • ただ女王が彼の荘園の近くまで来た時は勅令に従い、しばらく自分の地所から立ち去らなければならなかった。
  • 自分の地所で、それが二ヵ月、続くと思ったらどう? 服部真澄『清談 佛々堂先生 わらしべ長者、あるいは恋』より引用
  • しかし幸いその人たちは、自分の地所の中に金鉱にも匹敵ひつてきする貴重な鉱床が埋れているとは気がついていないから、今のうちにその地所を買いとれば大儲おおもうけができるわけです。 ドイル『技師の親指』より引用
  • そんなけしからぬ人間を自分の地所にかくまっていると知れたら、教区評議員でもあり治安判事でもある自分の立場に傷がつく。 サキ『ザ・ベスト・オブ・サキⅠ』より引用
  • フーケは、親友が自分のひたすら考えている案にようやく答えてくれたのを見て、大いに喜び、百フランぐらいの違いはともかくとして、自分の地所の一つ一つがどのくらいの金になるかを、こと細かに説明した。 スタンダール『赤と黒』より引用
  • わたしはもろもろの理由と創意とを自分の地所内に移植して、わたし自身の理由創意とそれらとを混合しているが、その時もまた、往々にしてわざとその作者の名をあげることを略した。 モンテーニュ/関根秀雄訳『モンテーニュ随想録抄』より引用
  • これでジョンストンは自由市民として、自分の地所である、シドニーのアナンデールに戻ることができた。
  • 平吉は、自分の地所に材木を工面して、簡易マーケットを建てて賃料をとった。 梶山季之『現代悪女伝・性の深淵』より引用
  • 梶井の父は軍需品の売込みか何かに関係して、よほど儲けたという噂であったが、戦争後の事業勃興熱に浮かされて、いろいろの事業に手を出したところが、どれもこれも運が悪く、とうとう自分の地所も人手にわたして、気の毒な姿でどこへか立去ってしまいました。 岡本綺堂『月の夜がたり』より引用
  • 次へ »