自分の召使い

18 の用例 (0.00 秒)
  • 伯爵夫人は憲兵たちをまるで自分の召使いであるかのように動かしていた。 スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(上)』より引用
  • ガブリエルが心配しているのは自分の召使いたちの今後だった。 バークレー『愛のサマーヴィル1 夢見た騎士』より引用
  • そして、絶えず自分の召使いたち全員の注意を自分に引きつけていた。 ストウ/山屋三郎・大久保博訳『アンクル・トムズ・ケビン(下)』より引用
  • セント・クレアにも自分の財産と自分の召使いとがありましたわ。 ストウ/山屋三郎・大久保博訳『アンクル・トムズ・ケビン(上)』より引用
  • 彼は窓ごしに自分の召使いの姿を中庭に見て、はっと不吉な予感にうたれた。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(4)』より引用
  • 子供の頃両親に聞かされた話だとか、自分の召使いの黒人の女の人から聞いた話、それをどんどん参考にして書いたんですねえ。 淀川長治『私の映画の部屋』より引用
  • 自分の召使いでさえ、わしの潔白を信じてくれないのなら、十二人の愚かな陪審員達をどうやって納得させることができようか。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・齊藤重信『シャーロック・ホームズ全集(上)』より引用
  • 自分の召使いでさえわしの潔白を信じてはくれないのに、陪審員ばいしんいん席にひかえている十二人もの男にどうして事実を信じさすことができよう。 ドイル/延原謙訳『四つの署名』より引用
  • 夫人の家の門番の老人も、あの悲しげな顔つきをした美青年の手紙を持って行けば、元帥夫人が自分の召使いがやって来るとかならずわざと顔色に見せるあの無関心な不満そうな様子がきまって消えてしまうことに気がついた。 スタンダール/大久保和郎訳『赤と黒(下)』より引用
  • 「ジム」と彼は自分の召使いに言った。 ストウ/山屋三郎・大久保博訳『アンクル・トムズ・ケビン(上)』より引用
  • フィッツ=マーシャルは近所のある私宅でその夜をすごそうとしていて、靴磨きに彼がもどってくるまで眠らぬように命じ、自分の召使いはつれていっていた。 ディケンズ/北川悌二訳『ピクウィック・クラブ(上)』より引用
  • こいつを後鳥羽上皇が大へん可愛がって、自分の召使いにされたというのですが、上皇がこれを可愛がられた動機というのが、面白いです。 海音寺潮五郎『史談と史論(上)』より引用
  • その翌朝、ポワロは自分の召使いに、 「ジョージ、お前は以前リビエラへ来たことがあるかね」と声をかけた。 クリスティ/松本恵子訳『青列車殺人事件』より引用
  • また彼女の子供たちを自分の子供同様に扱い、彼女の召使いに対しては自分の召使い以上に気をつかい、彼女の友だちには愛情と親切をもって接し、彼女の親戚に対しても礼儀正しくふるまわなければならない。 ヴァーツヤーヤナ/大場正史訳『カーマ・スートラ』より引用
  • あるいは、はじめ自分の召使い女を彼女のもとへ送って、友だちとしていっしょに住まわせ、それから、召使いの手引きによって彼女を手に入れる。 ヴァーツヤーヤナ/大場正史訳『カーマ・スートラ』より引用
  • ピクウィック氏は自分の召使いの指示に文句なくしたがい、サムについてくるように命じて、サムが教えた居酒屋にはいり、温かい水割りブランデーがすぐにもってこられた。 ディケンズ/北川悌二訳『ピクウィック・クラブ(上)』より引用
  • セント・クレアの良識に従えば、自分の召使いたちをそんなふうに仕込むことは間違ったことであり、また危険なことでもあった。 ストウ/山屋三郎・大久保博訳『アンクル・トムズ・ケビン(下)』より引用
  • ヴォルデモートが果たして、ハリー・ポッターに借りのある者を、自分の召使いとして望むかどうか疑わしい。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 03 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』より引用