自分の召使

24 の用例 (0.00 秒)
  • こちらでは、横領者はローマの通りで自分の召使に殺されたとしている。
  • そしてルセンシオが第一に自分の召使をやってビアンカに来てもらいたいといわせました。 ラム/松本恵子訳『シェイクスピア物語』より引用
  • アーサー・ビットンは長年自分の召使で、信頼のできる頭のいい従僕だった。 フィルポッツ/井内雄四郎訳『闇からの声』より引用
  • 自分の召使とともに夕飯をしたためてから、彼はほとんど家の一番上の部屋で眠りました。 ボッカッチョ/柏熊達生訳『デカメロン(上)』より引用
  • またある人は喜んで牢から出たものの、わが家では自分の召使の手にかかって殺されるというようなこともある。 チョーサー/西脇順三郎訳『カンタベリ物語(上)』より引用
  • 主人という者は、自分の召使っている奉公人へ、泣き顔などは見せないものである。 吉川英治『新書太閤記(二)』より引用
  • それで彼は自分の召使に、 「行って私の妻に来てくれるようにお願いしてこい」といいました。 ラム/松本恵子訳『シェイクスピア物語』より引用
  • ところが奉仕については、人々が自分の召使たちに精神的なものを与える場合には、その奉仕に正直なものでなければならない。 チョーサー/西脇順三郎訳『カンタベリ物語(下)』より引用
  • 朝起きあがると、彼は自分の召使を残したまま、好いおりを見て、ただ一人自分の恋女の家のほうに向かいました。 ボッカッチョ/柏熊達生訳『デカメロン(上)』より引用
  • で、こう言うと、学者は自分の召使に言いました。 ボッカッチョ/柏熊達生訳『デカメロン(下)』より引用
  • 彼は、酒場で奴隷として使われていた盲目の少女ニディアを助け、自分の召使とする。
  • 結婚式がおこなわれる丸一週間も前から、自分の召使と自分に関係のある大司教邸の使用人に決して自分に言葉をかけるなと命じた上で、彼は完全な無言のぎょうにはいってしまった。 スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(下)』より引用
  • 学者は塔を出ると自分の召使に向かって、そこから離れないように、いや、そのそばにいて、自分が戻ってくるまで、だれもその中に入れないために、できるだけ見張っているようにと命令いたしました。 ボッカッチョ/柏熊達生訳『デカメロン(下)』より引用
  • 彼女は自分の召使であったヘールトヘン・ウィントヘスに絵の具の交ぜ方を教えたが、ウィントヘスは後に画家となった。
  • 伯爵夫人になっていたルイーズ・ド・ラ・ヴァリエールをもフランソワーズは自分の召使同然に扱うようになり、事あるごとに辛く当たるようになった。
  • でも、もしあなたがご自分の召使の誠実ぶりをお知りになりたいと思し召したら、わたくしの長上衣をどれかお召しになり、頭にヴェールをおかけになって、下におりて、あの男がくるかどうか待っていらっしゃれば、苦もなくおわかりになりますわ。 ボッカッチョ/柏熊達生訳『デカメロン(中)』より引用
  • 杜鵑は、蓮華が、ぜひとも自分の召使としてとどまるようにと言い、しかも、気前よく金をくれるので、ひとりで十二人分の世話をする気になったのである。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(1部)』より引用
  • ピエトロを死に導いただけでは怒りのおさまらないアメリゴ氏は、同時刻に二人の恋人と彼らの子をあの世にやってしまおうとして、ぶどう酒のはいったコップに毒を入れて自分の召使に渡し、それに抜き身の短刀を添えて言いました。 ボッカッチョ/柏熊達生訳『デカメロン(中)』より引用
  • しかし1909年、ジェルジェは腹を立てて自分の召使を蹴り殺す事件を起こし、王位継承者の地位を弟アレクサンダルに譲ることを余儀なくされた。
  • ドラマルシェは、自明の義務を果たした自分の召使にたいするように、ただ若者にうなずいただけで、やや後込しりごみしながら日の当たった通りに目を注いでいたカールを引っぱって、階段を昇って行った。 カフカ/谷友幸訳『アメリカ』より引用
  • 次へ »