自分の利害

51 の用例 (0.00 秒)
  • これは、直接自分の利害に関係ないことだが私に或る淋しさを与えた。 宮本百合子『蠹魚』より引用
  • そのため自分の利害に反する邪魔者を消すという意味だったとも考えられる。
  • 自分の利害を中心に行動するなどという気持は、もともと持ちあわせない人であった。 吉田満『戦中派の死生観』より引用
  • たいていの者は自分の利害を第一に考えるだろうし、そうでない者は殺してしまえばよい。 ヨーヴィル『ドラッケンフェルズ』より引用
  • 私は自分の利害に反してさえも、正しくあることなどは容易なことであったろう。 ルソー/太田不二訳『孤独な散歩者の夢想』より引用
  • あんな態度を見ると他の利害関係者は、自分の利害に興ざめして来るかもしれん。 ディケンズ/青木雄造・小池滋訳『荒涼館(3)』より引用
  • カーストン氏は自分の利害をぜひ守らねばならぬと私におっしゃいました。 ディケンズ/青木雄造・小池滋訳『荒涼館(4)』より引用
  • それにまた、じつをいうと、自分の利害もあるというものです。 トルストイ/中村白葉訳『アンナ・カレーニナ(下)』より引用
  • もしあなたがご自分の利害の問題でご相談なさりたいことがありましたら、私はいつでもここにおります。 ディケンズ/青木雄造・小池滋訳『荒涼館(3)』より引用
  • これ以上自分の利害関係のことは申しません。 ディケンズ/本多顕彰訳『二都物語(上)』より引用
  • あの人は、自分の利害から割り出した決心は、絶対に変える人ではありません。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(5)』より引用
  • 自分の利害に関わりの無い人間が幾ら死のうとも、心の底からどうでもいい話だ。 海原育人『ドラゴンキラーあります』より引用
  • そしてかなり正直だった、自分の利害に衝突しないくらいの程度において、また正直でないことが危険であるような場合に応じて。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 彼女はそう云う時に、平気で自分の利害や親の意思を犠牲に供し得るきわめて純粋の女だと僕は常から信じていたからである。 夏目漱石『彼岸過迄』より引用
  • 彼女はそういう時に、平気で自分の利害や親の意思を犠牲に供しるきわめて純粋な女だと僕は常から信じていたからである。 夏目漱石『彼岸過迄』より引用
  • この男も、やはり、自分の利害関係で親切にしてくれたのだ。 山村美紗『殺意のまつり』より引用
  • 皆が皆、自分の利害りがいだけを考えてるわけじゃない。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第05巻』より引用
  • それに、正直のところ、自分の利害もからんでいるんですよ。 トルストイ/木村浩訳『アンナ・カレーニナ』より引用
  • 事実、私は自分の利害を憐憫よりも重く見るなら、そうすべきだったし、それを考えないでもなかった。 カザノヴァ/田辺貞之助訳『カザノヴァ回想録 第一巻』より引用
  • お前が、自分の力で、自分の利害問題を処理するのを、おれは別段干渉しようとは思はん。 岸田国士『ここに弟あり』より引用
  • 次へ »