自ら命を断つ

17 の例文 (0.00 秒)
  • 自ら命を断つか、ありのままに運命を受け入れるような者ばかりだった。 ...
  • 今は、自ら命を断つとき、私は躊躇ためらいを感じぬ気がした。 ...
  • 最悪の場合には自ら命を断つおそれさえある。 ...
  • そのほとんどが永劫えいごう悔悟かいごに耐えられずに死を望んだが、あらゆる生命を重んじる我々の一族では自ら命を断つ行為も禁忌きんきに属している。 ...
  • 最後の女と交わり、好きな趣味の行途で自ら命を断つ。 ...
  • 夢魔如きに屈服するくらいなら、自ら命を断つ覚悟があった。 ...
  • もちろんこの場合でも、自ら命を断つその瞬間に、「自殺」者本人がその生命に対して純粋に孤独になり得たら、その死はあらゆる事情を超えて、我々に何らかのものをもたらすに違いない。 ...
  • 寿命じゅみょうが来る前に、自ら命をつのである。 ...
  • 仕えるべき勇者が死ぬようなことがあれば、神から下された試練を果たせなかったとして、彼女も自らいのちつかもしれない。 ...
  • 孝二は中学生のころ、将来、和人の奴隷どれいになるくらいなら自ら命を断つ、と真剣に考えたことがある。 ...
  • 間違いなくケイトが持っているカプセルの中身は、本人の言っているように毒薬で、このまま自分が船室を出て行ったら、まず間違いなく呑み込んで、自ら命を断つということも河田には分かっていた。 ...
  • 原作と『Crystal』ではエンディミオンが自分を庇って命を落としたのを目の当たりにして、自ら命を断つ。 ...
  • ただ、悪化し自我の解体が著しくなれば、眠ることも食べることもできなくなり、死に至るほどの衰弱に至り、あるいは、恐怖や絶望的な想念にとらわれやすく、自ら命を断つことのきわめて多い病気である。 ...
  • しかし、テミストクレスが自ら命を断つ一年前、このキモンも陶片追放になる。 ...
  • 自ら命を断つというかれの決意を、少くともかれの妻子は飜意ほんいさせる存在でなかったことはたしかだ。 ...
  • エネアスが立ち去った後、ディドはベリンダに自ら命を断つことを告げ、彼女の腕の中で「わたしが地中に横たえられた時」を歌いながら息絶え、彼女の墓を守るようにとのキューピッドへの祈りの合唱とともに幕が降りる。 ...