臨時快速列車

91 の用例 (0.00 秒)
  • 鳴門線には本格運用前に、臨時快速列車に本形式を使用した事例がある。
  • そこで2003年夏より同車両を使用した臨時快速列車が運行されることとなる。
  • ただし、ホリデー快速など臨時快速列車については現在も運行されている。
  • しかし、結果的にはこの手法によっても対向の下り臨時快速列車を停車させることができず、両者が正面衝突するに至った。
  • 一方、衝突した臨時快速列車は乗客で超満員の状態であったため、人的被害が非常に大きくなった。
  • また、御坊駅 - 奈良駅間にも165系を使用した臨時快速列車が1往復設定されていた。
  • やまぐちとは、西日本旅客鉄道が山口線の新山口駅 - 津和野駅間で運行している臨時快速列車である。
  • 臨時快速列車としては、トロッコ列車が単線区間で他の定期列車の運行の妨げにならないように原則快速運転となる。
  • 日曜日となる2003年は臨時快速列車として、平日となる2004年は団体専用列車として設定されたが、この年以降は同列車の設定はなされていない。
  • なお、運転開始から一貫して臨時快速列車の扱いだったが、2011年度からは臨時普通列車扱いとなり、全席自由席での運転となった。
  • このような過密ダイヤのため、時折設定される臨時快速列車は定期快速列車と比較して停車駅が大幅に少ないにもかかわらず普通列車よりも時間がかかる。
  • JR東日本としては初めての普通車扱いのジョイフルトレインで、団体臨時列車や臨時快速列車などに使用された。
  • この列車は元来臨時快速列車であったが、2010年12月4日より定期列車化したことに伴い、同日付で列車種別が普通列車に変更された。
  • これの増発として臨時快速列車も設定されており、これには指定席が設定されていた兼ね合いで「いそつり」の愛称が与えられていた。
  • また1998年までは阪和線経由で和歌山駅発着の臨時快速列車も設定されていて、221系の4両編成で運転され、指定席の設定もあった。
  • なお、本項目ではやまなし桃狩りなど、主に山梨県を目的地とした臨時快速列車群について取り扱う。
  • ホリデー快速とは、JRで運行される臨時快速列車である。
  • その後は目立った運用がなかったが、故障箇所の修理と復元工事が実施され、臨時快速列車で同機のさよなら運転が実施された。
  • ここではお盆と年末年始に運行される臨時快速列車「ふるさと宮古」についても記載する。
  • 当駅と隣の篠目駅の間に25パーミルの急勾配が連続しているため、臨時快速列車「SLやまぐち号」も下りに限り停車する。
  • 次へ »