臨時夜行快速列車

7 の用例 (0.00 秒)
  • また、本項では2006年まで快速列車として運行されていたゲレンデ蔵王、およびその他の583系を使用した東北対関東間の臨時夜行快速列車についても解説する。
  • ムーンライト八重垣とは、かつて西日本旅客鉄道が京都駅または大阪駅 - 出雲市駅間を東海道本線・山陽本線・伯備線・山陰本線経由で運行していた臨時夜行快速列車である。
  • ムーンライト信州は、東日本旅客鉄道が主に新宿駅 - 松本駅・信濃大町駅・白馬駅間を中央本線・篠ノ井線・大糸線経由で運行している臨時夜行快速列車である。
  • また1988年には、西日本旅客鉄道が大阪駅 - 広島駅間で臨時夜行快速列車「ムーンライト山陽」を運行開始した。
  • 常磐線日立方面からの「舞浜・東京ベイエリア号」や、東京駅 - 仙台駅間で583系を使用した臨時夜行快速列車「ムーンライト仙台」・「ムーンライト東京」が運転されている。
  • JR西日本側では山陽本線の広島駅 - 下関駅間に臨時快速列車を1往復、広島 - 博多間において臨時夜行快速列車を1本運行したほか、JR九州では22 - 0時台の間に鹿児島本線小倉 - 博多間において臨時特急列車「にちりん91・93・90・92・94号」を運行した。
  • その後、「ムーンライト高知」・「ムーンライト九州」・「ムーンライト松山」など、同社が運行する臨時夜行快速列車の愛称に「ムーンライト」を冠することが広まった。