臨時増発

31 の用例 (0.00 秒)
  • 奥多摩湖までは観光客も多く、シーズンには臨時増発便が運行される。
  • 沿線に北野天満宮がある関係で臨時増発便が運行されることも間々ある。
  • 臨時増発時や検査時には一般路線車を充当することもある。
  • それに際して、東北新幹線を中心として新幹線の臨時増発も行っている。
  • 臨時増発する際は福住駅や栄町駅の留置線を利用し、車両を待機させている。
  • かつては名古屋港でみなと祭りなどのイベントが開催される日に限り、名古屋港駅発市役所駅ゆきの臨時増発列車が運転されていた。
  • バス事業者が主体的に運行する場合、路線バスの臨時増発、臨時路線バスとして届け出たうえでの運行が多い。
  • かつては、多客時や臨時増発で車両が不足した場合は、Bタイプの車両を運用する場合があった。
  • 外観上は他車とほとんど変わらず、貸切仕業以外に臨時増発便や予備車としても使用されていた。
  • 当路線専用のレトロ調バスで運行されているが車両不足や臨時増発の場合は一般路線バス車両が充当される。
  • 名城工場が存在した2004年までは、港祭りの日に限り、名古屋港発市役所駅ゆきの臨時増発列車も運転されていた。
  • 雨天時の朝には臨時増発便が運行されており、この雨の日臨時便は旅客案内上は213系統であり同一区間の運行でありながら書類上では337系統という別番号が付与されている。
  • 雨の日臨時便は、利用が増え混雑・遅延が顕著に発生する雨天日の朝ラッシュ時間帯に限り運行される臨時増発便である。
  • 雨天時の平日朝には158系統の臨時増発便が運行されており、この雨の日臨時便は旅客案内上は158系統であり同一経路の区間運行でありながら書類上では333系統という別番号が付与されている。
  • 雨天時の朝にはさらに緑車庫 - 片倉町駅間の臨時増発便が運行されており、この雨の日臨時便は旅客案内上は36系統であり区間便Uと同一区間の運行でありながら書類上では338系統という別番号が付与されている。
  • 但し、万博末期の名古屋駅 - 会場間の臨時増発のバスには対応しておらず、それを知らない客が後から追加料金としてバス料金を払うことも多かった。
  • かつては毎時6本の行楽ダイヤでも乗客の積み残しが発生し、その際に急遽臨時増発便を走らせていた時代の名残であるが、近年は準備はされても使用された実績はない。
  • 雨天時の朝には梶山を始発とし港北区総合庁舎から新横浜駅まで急行運行する322系統が臨時増発される。
  • 臨時列車は軌道法準拠を活かして柔軟に行われており、土曜・休日の日中、特に晴天時に利用者が増加すると予想される場合には、大した予告も無く区間列車を臨時増発することがある。
  • 試合開催日は多くの乗客が利用するため、特に多客が見込まれる場合には、大洗鹿島線車両を使用したJR東日本の臨時増発列車が乗り入れることもある。
  • 次へ »