臨時列車運転

13 の用例 (0.00 秒)
  • ラッシュ時や臨時列車運転時を除いて1番ホームはほとんど使用されない。
  • 現在、基本的には上記のように使われているが、臨時列車運転時は乗り場が変更されることがある。
  • 主に淀発下り準急と臨時列車運転時に見ることが出来る。
  • この臨時列車運転期間中のみ、管理駅からの駅員派遣により、当駅は有人駅となる。
  • また仙台市地下鉄では上記の臨時列車運転日には、本来の終電後に上下とも1本増発している。
  • この問題を解決すべく、後に時刻変更や順序変更・交換変更・運休・臨時列車運転等の運転整理機能も付加された列車運行管理システムが開発された。
  • その後はもっぱら団体臨時列車として運転されてきたが、団体臨時列車運転中にエンジンの不具合が発生し、エンジン修復されず1995年3月31日に廃車された。
  • 平日指定日の1日1往復で、京都側のターミナルが河原町から嵐山に変更されてはいるものの、実質的には前述の大阪万博開催時の直通臨時列車運転以来、約40年ぶりに事実上の復活となった。
  • その後も列車ダイヤの乱れや多客時の臨時列車運転時には当駅に臨時停車して客扱いすることもあったが、東北新幹線の建設が決まると、1977年に当駅付近で地下入口の線路用地確保のためホーム撤去を行い、線路を常磐線寄りに移動した結果、5 - 8番線が欠番になった。
  • 臨時列車運転終了後は彦根駅に隣接する「近江鉄道ミュージアム」において12月21日・22日の2日間一般公開され運転士の習熟運転で試運転を重ねた後、12月27日より通常の営業列車として、全線で運用を開始した。
  • 臨時列車運転終了後は彦根駅に隣接する「近江鉄道ミュージアム」において6月15日と翌16日の2日間にわたって一般公開された後、6月17日より通常の営業列車として、多賀線を除く全線で運用を開始した。
  • なお臨時列車運転のため概ね9時から17時30分の間は列車の時刻が変更され、多客対応のために4両または6両編成で運転して車掌が乗務しているほか、通常ダイヤでは高田駅から和歌山線に直通する2両編成の列車は、桜井線内の混雑に対応できないため高田駅で系統分割を行い、和歌山線に直通せずに高田駅で折り返す。
  • 仙台エリアでは、東北新幹線の臨時列車運転に伴い、仙台駅を発車する東北本線・仙山線・仙石線の終電を繰り下げており、最終列車の到着が遅いのは白石駅の0時48分である。