臨時列車用

21 の用例 (0.00 秒)
  • 一部の駅には臨時列車用に8両対応のホームや8両用の停止位置がある。
  • 別に側線が設置されているが、花火大会の臨時列車用として使われている。
  • 団体専用列車には一般の特急形車両や近郊形車両、臨時列車用車両を使用する。
  • ほかに3号機が臨時列車用として残ったが他の同形機は廃車解体となった。
  • 秋田地区の団体臨時列車用として改造された。
  • また、貨物・臨時列車用の4番線も存在していたが、2005年3月に撤去された。
  • 通常200系と250系で運転されている伊勢崎線特急「りょうもう」の予備車や団体用・臨時列車用として使用されており、団体専用列車を中心に汎用車的に用いられたかつての5700系に近いポジションにある車両となっている。
  • しかし1編成しかないため運用の制約が大きく、「ゆぅトピア和倉」に運用する日には団体臨時列車の運行が不可能となることから、団体臨時列車用の車両を別に確保する目的で登場したのが本車両である。
  • なお旅客用ではないが初狩駅では道床に敷くバラストを運ぶ工事用臨時列車用のスイッチバックが今も現役である。
  • 客車については登場が遅く、1969年に普通車の冷房化取り組みとともに登場した12系は元々は団体列車・臨時列車用として製作された客車であるが、従来の急行形電車・気動車とほぼ同等の車内設備を持っており、また性能上も準用できる急行形に分類される。
  • 上り本線は1番のりば、下り本線は3番のりばとなっており、中線である2番のりばは定期旅客列車は停車せず、マスカットスタジアムでのイベント時の臨時列車用や異常時用として使われる。
  • JR北海道が団体・臨時列車用として企画した「リゾート列車」のひとつで、石勝線方面への観光輸送を主目的として、自社の苗穂工場で設計、製作された。
  • JR北海道が団体・臨時列車用として企画した「リゾート列車」のひとつで、新千歳空港とニセコを結ぶスキー列車への運用を主目的として、自社苗穂工場で新製された。
  • ふれあいは、日本国有鉄道が改造、所有した団体臨時列車用の和式客車で、ジョイフルトレインと呼ばれる車両の一種である。
  • 製造当初より定期列車での特急列車運用はなく、臨時特急「しおじ」・「つばさ」・「踊り子」など、臨時列車用として使用された。
  • 漫遊は、1995年に東日本旅客鉄道が改造し、所有する団体臨時列車用の和式気動車で、ジョイフルトレインと呼ばれる車両の一種である。
  • サロンエクスプレス東京は、日本国有鉄道が1983年に改造製作した、団体臨時列車用の欧風客車で、ジョイフルトレインと呼ばれる車両の一種である。
  • JR東海のものは「トロッコファミリー号」用として1996年まで、JR東日本のものは東北地区の臨時列車用として2000年まで使用された。
  • またホームは行先別に使用されており、旧1・2番線が穴守線直通列車、旧3・4番線が黄金町行列車、旧5番線が湘南線直通列車、旧6番線が団体臨時列車用であった。
  • 置き換え後、中間車のキハ48 1543は、ダイヤ改正によるリゾートしらかみの4両編成化に伴い「ブナ」用の中間車に改造されてに組み込まれ、残ったキハ48 533・540は2011年に団体臨時列車用の「CRUISING TRAIN」に改称された。

臨時列車用 の使われ方