臨時列車扱い

23 の用例 (0.00 秒)
  • この便は臨時列車扱いであるが実際には定期便として利用されている。
  • 当初から夏季は毎日運転でありながら、列車番号は臨時列車扱いとなっている。
  • 臨時列車扱いではあるもののほぼ恒常的に運転されている。
  • 運行開始当初は1日3往復が運行され、うち1往復は臨時列車扱いだった。
  • この列車は臨時列車扱いであるが事実上、定期列車として運転されており、駅掲出分をはじめ、各種時刻表にも記載されている。
  • ダイヤ上も臨時列車扱いになっており、103系までは列車番号に「臨」を掲げて運行されていた。
  • 近年では、JRや私鉄各社がリバイバルトレインを団体臨時列車扱いで走らせることも多い。
  • ただし、3月17日の最終列車のみ臨時列車扱いとしたため、下りは9003列車、上りは9004列車であった。
  • 臨時列車扱いで、長くは続かなかった。
  • この路線では年末年始も休日ダイヤを採用せず、臨時列車扱いで鵡川 - 苫小牧間に夕方の列車を追加運行している。
  • 定期列車は4往復で、この他に毎日運転であるが臨時列車扱いの列車が1往復あり、平日は5往復で運行されている。
  • 以後は三角線内に優等列車は定期運行されていないが、2011年10月8日より観光特急列車「A列車で行こう」が臨時列車扱いながら土曜日・休日を中心に運行されている。
  • なお、長野発着のうち1往復は、夏季・冬季のみ臨時列車扱いで妙高高原まで延長運転を実施していた。
  • なお、本列車は後述するが毎日運転ではない臨時列車扱いであり、鉄道情報システムが運営するJRグループ共通の予約状況検索サイトでは検索対象外となっているため、代わりにJR東日本のウェブサイト「えきねっと」およびJR北海道の予約サイトにて確認できるようになっている。
  • 一時期、臨時列車扱いで西日本旅客鉄道エリアの北陸本線長浜駅まで乗入れたこともあった。
  • もとは2008年度の平日夕方に臨時列車扱いで1往復運転された快速で、2009年3月14日のダイヤ改正から定期列車に変更された。
  • 各駅停車区間であっても「普通」としては扱わず、「新快速」「快速」表示を出し続けているが、国鉄時代に湖西線北部への行楽輸送を目的に臨時列車扱いで運転されていた快速は、当駅を通過していた。
  • 同列車は2005年3月5日から2010年3月7日までの間は、臨時列車扱いでありながら、土曜・休日と学校休暇中に1往復が運転されていた。
  • 上記の状況に危機感を抱いたJR北海道は1988年7月から、当初は毎日運転の臨時列車扱いで函館 - 札幌間に室蘭本線・千歳線経由で全車指定席の夜行快速列車「ミッドナイト」を新設した。
  • また、2006年6月1日に通勤・通学の時間帯に臨時列車扱いで徳島駅 - 阿南駅間の「むろと」が運行開始した。
  • 次へ »