臨時列車化

23 の用例 (0.00 秒)
  • 臨時列車化された後は週末や大型連休に合わせて運行していた。
  • 新青森駅への停車が臨時列車化と同時に無くなった。
  • なお、同区間の急行「能登」は定期列車から臨時列車化されたものの、当初は週末などの利用が多い時期を中心に運転されていた。
  • 但し、定期列車時代から運行有無は荷主である米軍の都合で決定されており、臨時列車化された現在と運行頻度は殆ど変りない。
  • この臨時列車化により、さらに停車駅も減少し、使用される車両も91号・92号で使用されてきた183・189系のみとなった。
  • しかし、2007年10月1日のダイヤ改正で臨時列車化され、2008年9月に廃止された。
  • 臨時列車化されてから2013年夏季までは、JR東日本の大宮総合車両センターに所属する183・189系10両編成が主に使用されていた。
  • 残存した車両も「きたぐに」臨時列車化による編成変更により、2012年までに全車廃車・廃形式となった。
  • しかし分割民営化後は、利用者の減少により列車の廃止・統合などが行われていき、東海道本線を定期列車として走行するブルートレインは2012年の「日本海」の臨時列車化をもって姿を消した。
  • しかし、航空機との競争により利用客が減少していることや、車両の老朽化が進行していることなどを理由に、「あけぼの」が2014年春のダイヤ改正で定期運行廃止・臨時列車化され、2014年度末に「トワイライトエクスプレス」の運行が終了される予定である。
  • かつては「さんべ」、「ながと」などの急行も停車していたが、「さんべ」が臨時列車化された1997年3月22日以降は普通列車のみが停車する。
  • また、北海道にみられた気動車併結列車も2007年10月のJR北海道ダイヤ改正での「まりも」の臨時列車化に伴い定期運用がなくなった。
  • なお、臨時列車化後は、上り列車の所要時間が13時間09分、下り列車の所要時間が14時間46分と定期列車時代より延びる。
  • 夜行列車のうち寝台列車は寝台料金が必要な料金設定や利便性の面から集客に伸び悩み、列車の廃止や臨時列車化が相次いだ。
  • なお、臨時列車化以降の「きたぐに」も廃止される2013年3月以降は、グリーン車を連結する列車は使用車両の一部に設置ないしは、いわゆるジョイフルトレインを使用した列車に限られており、一般的な臨時列車ではグリーン車の連結は行なわれない事例が多い。
  • 臨時列車化された2009年3月14日時点の下り列車の東京駅発車時刻は、改正前の定期列車と同じ23時10分だが、大垣駅の到着時刻は改正前の「ムーンライトながら」91号と同じ5時55分で、停車駅は91号よりも少なくなった。
  • 臨時列車化に際して、両列車とも開放型A寝台を連結されなくなったため、同型の寝台を連結する寝台列車は全廃された。
  • このゲームの登場からわずか約4ヶ月後の1999年7月16日ダイヤ改正で、臨時寝台特急「カシオペア」が新設されたことに伴い、北斗星はそれまでの3・4号が81・82号として臨時列車化し、5・6号が3・4号となった。
  • なお、臨時列車化当初より、ゴールデンウィーク、シルバーウィーク、鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷが利用出来る毎年10月14日前後の2週間においては運転されない。
  • 利用の振るわない夜行列車の運用も、臨時列車化などで運転本数は漸次削減され「利尻」「オホーツク」はそれぞれ2007年9月・2008年3月で運行を終了した。
  • 次へ »