臨時列車として運転

33 の用例 (0.00 秒)
  • それ以外は、全国各地で臨時列車として運転されるのみである。
  • 運転日が限定されているため、カシオペアと同様に定期列車ではなく臨時列車として運転されている。
  • 行楽シーズンに臨時列車として運転されている。
  • 大阪駅 - 金沢駅間で週末に運転される臨時列車として運転を開始した準急列車である。
  • 当初は専用車に予備がなかったため臨時列車として運転されていたが、予備車が1両確保された2006年3月に定期列車となった。
  • これ以外に馬を積載する有蓋車や付添い人が乗車する客車などを連結して臨時列車として運転された。
  • 大阪環状線・大和路線内は大和路快速または快速に併結して奈良駅で分割を行い、桜井線内は臨時列車として運転されていた。
  • 夕刻以降嵐山本線と北野線に臨時列車として運転される。
  • また平日に運行されていた快速特急についてはすべて特急に置き換えられ、別途行楽期の臨時列車として運転されている。
  • なお、2009年春以降は、春・秋の行楽期の特定の土曜・日曜・祝日にも臨時列車として運転されている。
  • 東海道本線に電車特急が登場する1958年10月のダイヤ改正まで多客時の増発臨時列車として運転された。
  • なお、停車する「きりふり」は定期列車である285号のみで、臨時列車として運転される「きりふり」は停車しない。
  • 団体臨時列車や多客臨時列車で使用されていたが、2005年1月に団体臨時列車として運転されたのを最後に運用離脱し、同年3月31日付で廃車となった。
  • 毎年8月10日に各務原市で行われる「日本ライン夏まつり」の時には新鵜沼駅発岩倉行き急行が臨時列車として運転される場合もある。
  • リバイバル塗色を施した編成は、リバイバル列車あるいは記念の臨時列車として運転されるほかに、平時には定期列車として運用に入ることもある。
  • 宝塚本線からは梅田行特急日生エクスプレスを臨時列車として運転の上、十三で嵐山線直通列車と連絡させた。
  • 蒸気機関車は、自社線内での運行に供されるほか、各地に貸し出され、JR線内でイベント臨時列車として運転されることがある。
  • 平日の夕方ラッシュ時に入る前の時間帯、土曜日の昼間や、春秋の休日に、臨時列車として運転されたこともあった。
  • その後はもっぱら団体臨時列車として運転されてきたが、団体臨時列車運転中にエンジンの不具合が発生し、エンジン修復されず1995年3月31日に廃車された。
  • 翌1966年夏からは、増結分の車両はニース発ミラノ行では本来のリーグレより1時間あまり先行する臨時列車として運転された。
  • 次へ »