臨時列車として運行

13 の用例 (0.00 秒)
  • 週末や長期休暇期間中に運行される臨時列車として運行されていた。
  • その後は、東北各地へ団体臨時列車や、盛岡支社内の臨時列車として運行される予定である。
  • 大半がコンテナ車で編成された高速貨物列車で、タンク車などを連結可能な専用貨物列車は一部区間で臨時列車として運行されているのみである。
  • そうした場合を含め、日付をまたぐ列車については臨時列車として運行することが通例となっている。
  • 特急「ゆふいんの森」は1989年3月11日に運転開始した観光特急であるが、当初から専用編成に予備がない関係で臨時列車として運行されている。
  • またワキ10000形改造のバーベキューカーなどと連結され、団体・臨時列車として運行されることもある。
  • 営業運転ではない事業用の列車であり、以前は定期列車に位置づけられるものもあったが、近年は臨時列車として運行されるため、略して工臨とも呼ばれる。
  • のちに8両化、「レディーバード」と命名されて、団体・臨時列車として運行している。
  • 「東武ファンフェスタ」開催日には会場あるいは最寄駅の南栗橋着の臨時列車として運行されることがある。
  • 運転開始当初は需要動向の不透明さから、一部の列車が新大阪駅発着であったが、実際には新大阪駅 - 京都駅間を毎日運行する臨時列車として運行されていたため、実質的に全列車が京都駅発着であった。
  • 阪神甲子園球場でのプロ野球等のイベント開催時には回送列車が1番線に待機し、イベント終了後に甲子園駅へ移動して梅田行きの臨時列車として運行される。
  • 目玉企画として、初日に2004年に営業運転を終了する2600形が旧塗装となり、新宿駅 - 海老名電車基地間で臨時列車として運行されるとともに、総合検測車であるクヤ31形が装飾されていない状態で一般向けに初めて公開された。
  • さらにJR西日本の117系100番台や115系3000番台などを使用した臨時「マリンライナー」や、167系や115系を使用した臨時快速が岡山駅 - 高松駅間に設定され、213系の増備落成にともなう増発が実施される1989年3月までの間、毎日運転の臨時列車として運行された。