臨時列車が運転

68 の用例 (0.00 秒)
  • それ以外の区間では列車名のない臨時列車が運転されることがある。
  • 臨時列車が運転されたときは長与駅経由で運行されたこともある。
  • 主に春・秋の行楽シーズンに京都本線と直通する臨時列車が運転されている。
  • このほか、新宿駅・池袋駅 発着で臨時列車が運転されることがある。
  • このほか沿線の花火大会などの催事においても臨時列車が運転されている。
  • このため、初期の頃から後述の最寄り駅まで臨時列車が運転されてきた経緯がある。
  • また20時以降はK特急や急行を中心に臨時列車が運転された。
  • 同志社大学・同志社女子大学開校日には臨時列車が運転される場合がある。
  • 「西大寺会陽」の日は岡山駅 - 当駅間の臨時列車が運転される。
  • 臨時列車が運転されるときは、2番のりばから京都行きが発車することもある。
  • このほか、夏季に行われる高崎花火大会の日に臨時列車が運転される年もある。
  • 月曜の早朝には単身赴任者向けの臨時列車が運転されることがある。
  • 臨時列車が運転される場合、当駅で待避することがある。
  • スポーツ競技が開催される際には、最寄り駅を抱える路線では臨時列車が運転されることが多い。
  • 京都競馬場での競馬開催時には、最寄駅となる淀に向けて臨時列車が運転されている。
  • このほかにも同年のGWや夏に新宿線内急行、池袋線内快速急行の臨時列車が運転されている。
  • 毎年4月に起し太鼓などの古川祭が行われる際には夜間に臨時列車が運転される。
  • 開花時期には秩父鉄道や西武鉄道で臨時列車が運転されている。
  • 定期列車のほか、多客時には臨時列車が運転される。
  • 当日は臨時の特急や、東京方面へ帰りの客への夜行快速列車など臨時列車が運転されることもある。
  • 次へ »