臨時列車が運行

73 の用例 (0.00 秒)
  • この日はブクステフーデ駅にメトロノーム鉄道の臨時列車が運行される。
  • 毎年10月の休日に途中無停車の団体専用臨時列車が運行されている。
  • 全国花火競技大会開催時は、大曲駅発着の臨時列車が運行されている。
  • 当日は入間市行の臨時列車が運行されるほか、特急が臨時停車する。
  • 沿線でのイベントなどで臨時列車が運行されることがある。
  • 年度初めは臨時列車が運行されることもある。
  • 特に大規模イベントが行われる日は駅員が配置され、臨時列車が運行されることもある。
  • 現在、主に春・秋の行楽シーズンには、京都本線において臨時列車が運行されている。
  • 土浦駅を通過する特急列車がこの日に限り臨時停車したり、臨時列車が運行される特別体制となる。
  • また上記の通り多くの貨物線と接続しており、定期列車が設定されていないような経路をとる臨時列車が運行されることがある。
  • スポーツによる臨時列車が運行される主な路線の例大学入試は場所によっては市街地から離れた場所で実施する場合がある。
  • わたらせ渓谷鐵道や上毛電気鉄道では、祭りの開催日にあわせて臨時列車が運行される。
  • よって行楽シーズンには臨時列車が運行される場合もある。
  • 当日は開場時間に合わせて、難波駅から会場まで直通臨時列車が運行される。
  • また、大阪の鶴見緑地で開催された国際花と緑の博覧会にあわせ、大阪駅まで臨時列車が運行されたことがある。
  • 臨時列車が運行される場合、前述の観光列車「天空」は運休する予定になっている。
  • 開業後数週間にして最初の臨時列車が運行され、世界で最初の鉄道郵便の営業が行われ、ピックフォーズ社向けのコンテナを搭載していた。
  • このほか、繁忙期には博多駅 - 佐賀駅・長崎駅間で臨時列車が運行されることがある。
  • えちぜん鉄道の開業時は使用されていなかったが、2007年の同高等学校体育祭時には臨時列車が運行され、使用の再開が確認されている。
  • 本線の列車運行拠点の一つであるため、運行ダイヤが乱れている時などは当駅始発の臨時列車が運行されることが稀にある。
  • 次へ »