臨時列車が設定

28 の用例 (0.00 秒)
  • 児童の遠足など団体客があるときには臨時列車が設定される。
  • 開業当初から琵琶湖や比良山系へのレジャー客輸送に臨時列車が設定されている。
  • 今回は初めて土曜・休日にも臨時列車が設定された。
  • このため、休前日限定の臨時列車が設定されることもある。
  • なお、2012年3月のダイヤ改正以前は土休日のみ運転の臨時列車が設定されていた。
  • また、同区間には1往復の臨時列車が設定されている。
  • 転換後の一時期、JR路線からの臨時列車が設定された。
  • 他の都営地下鉄路線と同様に、沿線の花火大会や国立競技場でのサッカーの試合やコンサートなどの大規模イベントが行われる際に臨時列車が設定されることがある。
  • この場合、通常の池袋線直通列車に加え、池袋線・新宿線直通臨時列車が設定される。
  • 秋シーズンに、JR磐越西線に乗り入れて喜多方駅まで運行する臨時列車が設定される。
  • また毎年8月11日前後に開催される宮島水中花火大会の開始前と終了後は当駅発着の臨時列車が設定されるが、当駅には折り返し設備がない。
  • これに合わせ、金曜のみ独自のダイヤが設定されたり、金曜のみ運転される臨時列車が設定される線区もある。
  • これは後述の狐ヶ崎ヤングランドへの乗客輸送のため、かつて同駅発着の臨時列車が設定されていたことの名残である。
  • なお、1985年までは当駅折り返しの定期列車が存在していたが、その後も印旛沼花火大会の観客輸送のために佐倉方面から当駅止まりの臨時列車が設定されることがある。
  • 東京臨海高速鉄道りんかい線開業時や東武線との直通運転を開始した際に臨時列車が設定されて以降、不定期ながらも年に1 - 3回程度運転されている。
  • なお、途中の鉄原駅からは私鉄路線の金剛山電気鉄道が1924年から分岐するようになり、京元線に直通して京城駅~内金剛駅間を結ぶ夜行臨時列車が設定されたこともあった。
  • また、1960~70年代には海水浴客輸送のため夏休みシーズンになると急行かいもんなど優等列車が臨時停車したり、熊本駅方面から当駅止まりの臨時列車が設定されていた時期もあった。
  • 近年では、2012年11月の23-25日に103系の4両編成による桃山発の京都行きの臨時列車が設定されていた。
  • 無人駅になった後も1980年代後半までは7月から8月末にかけての夏休み期間中のみ八代駅から駅員が派遣されて期間限定で終日有人駅になり、当駅に優等列車が臨時停車したり熊本駅方面から当駅止まりの臨時列車が設定されていた時期もあった。
  • 毎年5月3日に当駅至近の由比漁港で開催される由比桜えびまつりに合わせて、臨時列車が設定されている。
  • 次へ »