臨時列車が増発

10 の用例 (0.00 秒)
  • 最盛期を迎えたのは大正から昭和初期にかけてであり、夏には臨時列車が増発された。
  • その時期には当駅方面への臨時列車が増発され、特急「ちちぶ」が臨時停車する。
  • この為、年末年始にかけて桜井線では臨時列車が増発される。
  • 通常は普通列車以外は来ないが、行楽シーズンなど吾妻線の臨時列車が増発される際には、臨時列車の編成が一時待避するために当駅まで回送されることがある。
  • 鍛冶屋では金比羅大祭という祭りが毎年開催されており、この祭りの時期に合わせて臨時列車が増発され、最盛期の1938年には30分おきに列車が運行されていた記録があるという。
  • イベントなどが行われる時や修学旅行シーズンなどには赤迫・浦上車庫前 - 当電停間に臨時列車が増発運行される。
  • 毎年8月1日の花火大会の日は南富山駅前・富山駅前と安野屋を結ぶ臨時列車が増発される。
  • このほか、住之江競艇ナイター開催の日には、21時台に1本臨時列車が増発される。
  • 通常期は小諸駅 - 小海駅間を中心に小淵沢駅まで1往復する運用だが、小淵沢駅 - 野辺山駅間に臨時列車が増発される場合は、臨時列車中心に運用されている。
  • また、毎年7月23日に仙崎漁港で行われる「ながと仙崎花火大会」に併せて、夜間に臨時列車が増発される。