臥薪嘗胆

全て 名詞
93 の例文 (0.00 秒)
  • 前述の夫差と合わせて臥薪嘗胆という故事の元となった逸話である。 ...
  • 長年の間培われて来た臥薪嘗胆がしんしようたんの対抗意識が頭をもたげて来た。 ...
  • 次は、臥薪嘗胆する場合の最も重要な液体燃料に関してである。 ...
  • 台湾でも同年にCTVが『臥薪嘗胆之英雄美人』のタイトルで放映を行った。 ...
  • 国内が臥薪嘗胆といっても、長い年月これに堪えられるだろうか。 ...
  • 僕は『少年世界』の投書欄にあった臥薪嘗胆論というのをそのまま演説した。 ...
  • 臥薪嘗胆がしんしょうたんというような合い言葉がしきりと言論界には説かれていた。 ...
  • この間にあって道庵先生は臥薪嘗胆がしんしょうたんの思いをして、復讐の苦心をしていたのであります。 ...
  • 当初より難工事が予想されていたため、工事入り口部には「臥薪嘗胆」の文字が掲げられた。 ...
  • しかし張学良は西安事件で蔣介石の日記を読み、彼が対日戦略のために臥薪嘗胆の計を取っていることを知り驚愕する。 ...
  • 「臥薪嘗胆」なるスローガンは、国内大衆の意識を次の戦争へ集中せしめた。 ...
  • 彼にも足かけ十年臥薪嘗胆がしんしようたんの事件がある。 ...
  • 誤問を臥薪嘗胆して修業し直せという彼女のもっともな意見に、ようやく己の心が応じようとしているのがわかった。 ...
  • 臥薪嘗胆は、復讐を成功するために苦労に耐えるという意味を持つ、中国の故事成語である。 ...
  • 徳川家が今日の隆昌は、譜代の家士の臥薪嘗胆がしんしようたんの成果である。 ...
  • 徳川家が今日、このように隆昌りゅうしょうをきわめているのは、譜代諸士の臥薪嘗胆がしんしょうたんの結果ではないか。 ...
  • 「臥薪嘗胆」をスクールアイデンティティーとする学舎として知られている。 ...
  • 次へ