膨らさ

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • それはまるでベビー服の下で、ゴム風船を膨らしているような具合だった。 ...
  • 「吹く」という言葉も頬をふくらし口をすぼめた時に出る声から起ったものであろう。 ...
  • 水で膨らされた腹が重くて、有月は避けきれなかった。 ...
  • 私がやっと腹をふくらして人心つくかつかぬに、私の充たされない残酷な欲望はもう一度私に夜の道へ出ることを命令したのであった。 ...
  • 飯炊はつらを膨らして、といいずてにのびをして、ふてくされてふいと立った。 ...
  • さつきから私のすぐ側に顔をふわふわに膨らした女が横はつてゐたが、水をくれといふ声で、私ははじめて、それが次兄の家の女中であることに気づいた。 ...
  • 余はこのとおり、三つ島の老翁シヤイクーに会いに行くべく、あらゆるわが勇気がわが胸をふくらしておるぞ。 ...
  • それよりもちやなともらつてはらふくらさうぢやないか。
  • それから高姫たかひめめしられ、種々いろいろ煮〆にしめられ、夫婦ふうふ十二分じふにぶんはらふくらした。 ...
  • つまり頬をふくらし、唇で山蜂の飛ぶ音を真似まね、かくて不満の意を表わすという次第しだいだ。 ...
  • 軟かな春の空気は、ぐんぐん草の芽を育てると一緒に、彼女の心まで膨らすように感じられた。 ...
  • するとすぐに鳥は、小さな叫び声をあげ、白い毛を膨らしながら、明らかに悦んで、食べはじめました。
  • 日本はこの頃ようやく輸入されたようだが、セイロン、ビルマ等、小乗仏教国に釈迦像の後に帽蛇が喉をふくらして立ったのが極めて多い。 ...
  • 手錠をかけられた男は恐ろしくかおふくらした。 ...
  • これがお竹ででも有ろうものなら、直ぐ見たくでもないつらふくらして、沸々ぶつぶつ口小言を言う所だ。 ...
  • そしてその織物の上に、麝香をつけた仔山羊の毛で作った絨緞と、駝鳥の毛で膨らした座褥クツシヨンをいくつも置きました。 ...
  • 彼女は、人を生かすために、人を殺さねば出来ない六神丸のように、又一人も残らずのプロレタリアがそうであるように、自分の胃のふくらすために、腕や生殖器や神経までもみ取ったのだ。 ...