腿の内側

102 の用例 (0.00 秒)
  • 最初は、雅子が彼の手を引き寄せて、しになっている腿の内側に、彼の掌を押し当てたのだった。 吉行淳之介『美少女』より引用
  • ベルトが打ち据えられると同時に、腿の内側の柔らかな皮膚に真っ赤な線ができた。 大石圭『殺人勤務医』より引用
  • 吉ひとり覚醒剤かくせいざいを打っている時もあったし、ロペも太腿ふとももの内側、性器のすぐそばに打たれる時もあった。 中上健次『十九歳のジェイコブ』より引用
  • たった今、男が放出していった体液が、太腿ふとももの内側を一直線に流れ落ちる。 大石圭『飼育する男』より引用
  • ステーシーたちを識別するために、約使は彼女たちの右の太腿の内側にカッターナイフで名前を彫っていた。 大槻ケンヂ『ステーシー』より引用
  • 足を拭く男の手の指が、トシミの太腿の内側を愛撫する。 坂東眞砂子『13のエロチカ』より引用
  • 太腿の内側に彫った傷跡ではなく、ステーシーの「名前」を思い出したことに約使は驚いた。 大槻ケンヂ『ステーシー』より引用
  • やがて、由美の腿の内側にあった藍色の刺青が、浮かんできた。 吉行淳之介『美少女』より引用
  • 腿の内側で相手の脚の形を確かめる。 姫野カオルコ『変奏曲』より引用
  • 長峰は和子の両脚のももの内側に舌をすべらせながら、彼女の股間の眺めをたのしんだ。 勝目梓『炎』より引用
  • いつの間にか漏れた尿が、腿の内側を滑り落ちて膝の下にまる。 大石圭『自由殺人』より引用
  • 朝倉は左の腿の内側に隠した自動拳銃をズボンの上からさり気なく押さえ、坂本たちがそれに気がついてくれないようにと祈っていた。 大藪春彦『蘇える金狼 野望篇』より引用
  • 毛むくじゃらな右の太腿ふとももの内側の肉を数十グラム吹っ飛ばされた三谷は転げまわって苦しんだ。 大藪春彦『非情の女豹』より引用
  • 晴子の太腿の内側が燃えるように熱くなってきた。 坂東眞砂子『夢の封印』より引用
  • 腿の内側に、血が薄く糸を引いている。 笹沢左保『雪に花散る奥州路』より引用
  • 少女の左ももの内側には、相変わらず内出血のようなアザがあったけれど、それは随分と薄くなっていた。 大石圭『檻の中の少女』より引用
  • 太腿ふとももの内側はくられ、尻は馬の背骨せぼねき上げられて痛んだ。 富野由悠季『オーラバトラー戦記 01 アの国の恋』より引用
  • 男が長脇差のこじりで、お妙の太腿の内側を撫で回した。 笹沢左保『雪に花散る奥州路』より引用
  • 太腿の内側がすごい速さで汗ばむのがよく判った。 矢作俊彦『夏のエンジン』より引用
  • というのは、男たちはその鞭で彼女の腹を撫で、わざわざ彼女の腿を開かせたのでこの綱がどれほど湿っていて、腿の内側の柔肌やわはだに触れるととても冷い感じがするのがよくわかったのである。 レアージュ/鈴木豊訳『O嬢の物語』より引用
  • 次へ »

腿の内側 の使われ方