腿の内側

102 の用例 (0.00 秒)
  • 彼は手を貸すふりをして、由美の腿の内側がみえるようにした。 吉行淳之介『美少女』より引用
  • 革底を貫いて弾力まで伝わる気がして、腿の内側を震えが走り抜けた。 鹿島茂『オール・アバウト・セックス』より引用
  • ももの内側に、遠くはなれて、白くにごったものがべっとりとついていました。 三浦哲郎『忍ぶ川 他』より引用
  • 太腿の内側が露わになっていく。 坂東眞砂子『13のエロチカ』より引用
  • ズボンの裏のももの内側にくくりつけた拳銃の重みにも慣れた。 大藪春彦『蘇える金狼 野望篇』より引用
  • 確かこの少女の太腿の内側には、約使がつけた「マユミ」という傷跡があるはずだ。 大槻ケンヂ『ステーシー』より引用
  • 腿の内側に、乾いた泥や埃と一緒になったしみのようなスポットを発見しただけである。 伊佐千尋『検 屍 M・モンローのヘア』より引用
  • 肉の落ちた太腿の内側はげっそり凹んで深い影になる。 開高健『ロマネ・コンティ・一九三五年 六つの短篇小説』より引用
  • 岸は太腿ふとももの内側をまさぐられて体を動かした。 半村良『魔女街』より引用
  • 男の放出したおぞましい液体が、太腿の内側を気持ち悪く流れ落ちる。 大石圭『飼育する男』より引用
  • 決して寒いわけでもなく、ただ背中や二の腕、腿の内側を冷たく感じているのだ。 矢作俊彦『東京カウボーイ』より引用
  • それでもアメリカへ帰ったとき、外から見えるとミネソタのような農業州では生活に支障があるので、ももの内側に入れた。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇4 ランバダに酔いしれて』より引用
  • 膣から流れだす熱い液体が太腿の内側を垂れていくのを感じる。 坂東眞砂子『13のエロチカ』より引用
  • 憂愁の騎士といった表情を崩さずに、若林は千津子のももの内側に唇を寄せる。 大藪春彦『唇に微笑心に拳銃 前・後編』より引用
  • そして、石鹸のついた手で、ふっくらした彼女の双つの腿の内側をさぐりにいった。 阿部牧郎『誘惑魔』より引用
  • アメリカン・ルーガーの自動拳銃を左ももの内側にくくりつける。 大藪春彦『蘇える金狼 完結篇』より引用
  • 右手は下腹部から茂みに、そして太腿の内側を撫でているが、まだ女の花芯には訪れてこない。 南里征典『成城官能夫人』より引用
  • 彼女の腿の内側に男の髪の毛が触れた。 レアージュ/澁澤龍彦訳『O嬢の物語』より引用
  • 肋骨の真下から太腿の内側まで走る、赤くくぼんだ傷痕が、彼を見上げている。 エリスン『世界の中心で愛を叫んだけもの』より引用
  • 太腿の内側を唇でイーブがなぞれば反対側の脚をそうし、舌のひらで舐めれば、舌のひらで舐める。 中上健次『讃歌』より引用
  • 次へ »

腿の内側 の使われ方