腿の内側

102 の用例 (0.00 秒)
  • そして今度は、それを女の太腿の内側目がけて力まかせに振り下ろした。 大石圭『殺人勤務医』より引用
  • 片方の靴下の上縁の中にかくしてあるのだ、それも、ももの内側のほうに。 アイリッシュ/砧一郎訳『暁の死線』より引用
  • 手首を掴まれたまま、隅田はその太腿の内側を上下に二度程往復させた。 半村良『石の血脈』より引用
  • 前にタレンが言っていたとおり、ももの内側に湾曲したナイフが止めてある。 エディングス『エレニア記6 神々の約束』より引用
  • 女の骨盤にしかできない形で、ぺたんと太腿の内側を床につけていた。 佐藤賢一『王妃の離婚』より引用
  • 阿佐美の手がコートの下に入ってきて、片柳のももの内側を撫でていた。 勝目梓『媚薬』より引用
  • 形がいい太腿ふとももの内側はジュースでバターを溶かしたように光っている。 大藪春彦『非情の女豹』より引用
  • わたしの左の太腿ふとももの内側には、ママにつねられた内出血がまだ少し残っていた。 大石圭『檻の中の少女』より引用
  • 腿の内側を、ゆっくりと撫でるように洗い、ふと手をとめて、おもった。 吉行淳之介『技巧的生活』より引用
  • 両足を開き加減にして、腿の内側は、明るいままの部屋の光にさらされていた。 吉行淳之介『美少女』より引用
  • そして、しになっているももの内側に、彼の掌を押し当てた。 吉行淳之介『美少女』より引用
  • 朝倉がももの内側に隠した自動拳銃に、吉村の手がとどきそうになる。 大藪春彦『蘇える金狼 野望篇』より引用
  • 少女は腿の内側に青年の掌を感じ、その音に心を委ねた。 吉行淳之介『技巧的生活』より引用
  • ステファン卿はおまえの両脚を大きく開かせて、太腿の内側を打ったことはないだろう? レアージュ/鈴木豊訳『O嬢の物語』より引用
  • 左の腿の内側に、薄い葡萄色ぶどういろの、あざみたいなものが浮きだしているのである。 久世光彦『陛下』より引用
  • 喘ぎと舌の誘いに、ひき締まった腰から腿の内側へと手をさしのべる。 菊地秀行『トレジャー・ハンター06 エイリアン魔界航路』より引用
  • 向こうがとうとすれば、ズボンの下の腿の内側につけた拳銃を抜くだけのことだ。 大藪春彦『蘇える金狼 野望篇』より引用
  • でも女の子たちは、ふと気が付くと、じっと静かに、確かにわたしの太腿の内側を見ていた。 夏石鈴子『家内安全』より引用
  • よく見ると、二の腕やももの内側にも青い内出血が何個もある。 大石圭『殺人勤務医』より引用
  • ゆっくりとさすってやると、月弥のももの内側が痙攣けいれんするのを中郷は知っている。 山藍紫姫子『色闇』より引用
  • 次へ »

腿の内側 の使われ方