腹黒い

全て 形容詞
254 の用例 (0.00 秒)
  • マスクランの立場に立って物を考えられるほど私は腹黒い人間ではない。 シムノン/長島良三訳『メグレと政府高官』より引用
  • うまくいくのは邪悪な人間の腹黒い陰謀だけときまっているかのようだ。 ルソー/桑原武夫訳『告白(上)』より引用
  • 彼女に近づいてくる腹黒い男たちから彼女を守るのが私の役目です。 東野圭吾『容疑者Xの献身』より引用
  • 葵の王子様がそんなにも腹黒い人だったなんて、絶対に思いたくない。 早見裕司『メイド刑事02』より引用
  • 腹黒同士、互いのことはかなり底の部分までわかりきっているらしい。 西尾維新『刀語 08 第八話 微刀・釵』より引用
  • テレビドラマに出てくる、腹黒い政治家の住む屋敷のようだった。 伊岡瞬『いつか、虹の向こうへ』より引用
  • あの腹黒いクモめがまだほかへみんなを移していないことをいのるばかりだ。 アリグザンダー『(プリデイン物語5)タラン・新しき王者(完)』より引用
  • 過去が黒い奴か腹黒い奴か、エロ黒い奴かしか出てこないのかよ。 西尾維新『偽物語(下)』より引用
  • プロフィールにある親孝行は適当にかいた嘘であるなど、腹黒い面もある。
  • だからああいった連中の性質の腹黒さを呑み込んでいるだろう。 スタンダール/大久保和郎訳『赤と黒(上)』より引用
  • そのかわりに、底知れぬ腹黒さをまじえた狡猾こうかつな表情が、顔にあらわれた。 スタンダール『赤と黒』より引用
  • この『腹黒日記』はとにかく傑作で、読みながら私は何度も笑い転げた。 柴門ふみ『男性論』より引用
  • 会社の腹黒いやり口に怒った彼女は、辞職して退職金をもらったのだ。
  • われわれは、川から、あの腹黒い釜をひき上げなくてはならんのだ! アリグザンダー『(プリデイン物語2)タランと黒い魔法の釜』より引用
  • だったらあなたは、そんなお話に出てくる腹黒はらぐろくて、残酷ざんこくな魔法使いだ。 ルイス/瀬田貞二訳『(ナルニア国物語6) 魔術師のおい』より引用
  • やつが腹黒く考えたことは、こんなことにちがいありません。 佐藤正彰訳『千一夜物語 02』より引用
  • その為サザナーラ人同士では嘘をつけないため自分の心を曝け出した腹黒い一面を持つ者が多い。
  • 彼は自分の去った後において、こんな腹黒い相談が成っていたとは、夢にも知らない。 吉川英治『新・水滸伝(一)』より引用
  • 態度を明確にしないところだけ、立派に腹黒経営者みたい。 平安寿子『くうねるところすむところ』より引用
  • 私も何度かえらそうに歩いているのを見たことあるけど、絵に描いたような腹黒そうな親父だ。 山本文緒『チェリーブラッサム』より引用
  • 次へ »

腹黒い の使われ方