腹を据える

18 の例文 (0.00 秒)
  • それに彼女が以前にも増して美しくなっているのに接し、一段と腹を据えかねた。 ...
  • 辛島君は意外にも、腹を据えてこの運動をやっているのだった。 ...
  • よほど腹を据えてかからねばとても勤まりそうにないな、と思った。 ...
  • 市の当局はギャングの狼藉に腹を据えかね、積極的な撲滅策を打ち出す。 ...
  • その時は、その時のことだ、と男具那は腹を据えていたのだ。 ...
  • するとその不敵なふるまいに腹をえかねたのでございましょう。 ...
  • するとその不敵な振舞に腹を据え兼ねたのでございましょう。 ...
  • 僕はお前と一緒の生活にしっかり腹を据えているので、どんなことをしても大丈夫だと思い、何の危険もないものと思っていた。 ...
  • 警官の皮肉な追い討ちに、もう腹を据えてかかるしかなかった。 ...
  • 最初の二、三秒、慶一の心はじたばたしていたが、すぐに腹を据えてしまった。 ...
  • そこまで吉川さんは腹を据えていたのだ。 ...
  • しまいには友人も腹を据えて、十一時過ぎまで相手になった。 ...
  • 腹を据えて毎日休みなく書き続けるんだな。 ...
  • よし、ここで腹をえて一言、びしっと言ってやるのだ。 ...
  • 深呼吸してから腹をえ、真九郎は目を開けると、通話ボタンに親指を乗せた。 ...
  • 後深草院のやり方にも腹を据えかねて、実兼は事の実否をたしかめたくなった。 ...
  • なぜ落ちついて腹をえてかからなかったのだろう。 ...