腱反射

70 の用例 (0.01 秒)
  • 腱反射の亢進は反射弓より高位で皮質脊髄路が障害されていると考える。
  • メカニズムの項で触れた通り、腱反射は通常上位運動系から抑制されている。
  • また長経路徴候としては痙縮や腱反射の亢進や病的反射が知られている。
  • 深部腱反射は人体にみられる生理的な反射の代表的なものである。
  • 腱反射は、急な外力によって筋が損傷するのを防ぐための生理的な防御反応である。
  • 体性反射とは骨格筋を収縮させるものであって、腱反射、表在反射に代表される。
  • 後者の場合は腱反射、近位部刺激、F波検査などが鑑別に役に立つ。
  • 腱反射は以下に述べるように条件を満たしたときに初めて臨床的な意義をもってよいのである。
  • バルサルバ反射は、何らかの原因で腱反射が起こることで引き起こされるとされる。
  • 被検者が緊張していたり、特に検査部位に意識を集中していると腱反射は出現しにくくなる。
  • 腱反射は亢進するが痙性や病的反射は認められないことから上記の障害モデルは提唱されているが詳細は不明である。
  • 神経診断学の深部腱反射の亢進と原理は同じと考えられている。
  • 深部腱反射の低下や消失が特徴的とされている。
  • 神経根の障害からレンショウ抑制や側方抑制の障害が起こることによって腱反射が亢進することがある。
  • MGでは深部腱反射の低下は起こらないがLEMSでは深部腱反射が低下する。
  • 膝蓋腱反射が調べられた。 渡辺淳一『光と影』より引用
  • また深部腱反射や病的反射も合わせて内部リンクを参考のこと。
  • 深部腱反射はシナプス接続の一回しかない単シナプス反射なので解析がしやすく、反射の代表として取り上げられることが多い。
  • 原始反射は存在していて、腱反射は亢進している。
  • これはアキレス腱の深部腱反射が亢進していることと同じ意義があり、錐体路障害があることを示す。
  • 次へ »

腱反射 の使われ方