腰を落ち着ける

86 の用例 (0.00 秒)
  • 三人はリングサイドにある予約席の札が立つテーブルに腰を落ち着けた。 石田衣良『アキハバラ@DEEP』より引用
  • こうしたなかで泰子さん一家は新住宅地の一角に初めて腰を落ち着けた。 近藤紘一『戦火と混迷の日々』より引用
  • そんな麗子は再び椅子に腰を落ち着けると、テーブルにグラスを置いた。 東川篤哉『謎解きはディナーのあとで3』より引用
  • 彼は、江戸に腰を落ち着けて、二年ばかりゆっくりと市中を尋ね歩いた。 菊池寛『仇討三態』より引用
  • 逃亡の日々はしばらくの間忘れて、ここに腰を落ち着けて羽を休めよう。 秋山瑞人『イリヤの空、UFOの夏 その4』より引用
  • 椅子いすに腰を落ち着け、しばらく間を置いてから、スパークは切りだした。 水野良『新ロードス島戦記1 闇の森の魔獣』より引用
  • おこうは次の座敷の約束も忘れたように腰を落ち着けると仙波に酒を勧めた。 高橋克彦『だましゑ歌麿』より引用
  • 彼はウェイトレスに案内されるまま、少し離れた席に腰を落ち着けた。 東野圭吾『幻夜』より引用
  • スクール仕様の椅子いすを引いて、おれは彼女の向かいにこしを落ち着けた。 喬林知『今日からマ王 第11巻 「めざせマのつく海の果て!」』より引用
  • 俺たちが腰を落ち着けたのは、以前リリィが俺を運び込んだ廃屋だった。 海原育人『ドラゴンキラーあります』より引用
  • 着いた日の晩、我々は夕食後に大佐の銃器室で腰を落ち着けていた。 三上於菟吉『ライギット・パズル』より引用
  • 高校に関してはあまり転々とせず、こしを落ち着けて卒業した方がいいだろう。 入間人間『電波女と青春男 SF(すこしふしぎ)版』より引用
  • いなみが珍しく部屋に腰を落ち着けたのは伊三次がおせいの話を始めたからだろう。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 幻の声』より引用
  • もう少し腰を落ち着けて治療していりゃ、こんなことにならなかったのに。 藤原作弥『聖母病院の友人たち ―肝炎患者の学んだこと―』より引用
  • かたい椅子にこしを落ち着けたままで、ヴォルフラムは軽く両眼りょうめを閉じていた。 喬林知『今日からマ王 第09巻 「地にはマのつく星が降る!」』より引用
  • まだしばらくの間は、どっしりと腰を落ち着けたままでいるつもりのようだ。 今野緒雪『マリア様がみてる 26 クリスクロス』より引用
  • 四人掛けのボックスシートに腰を落ち着けると、末永が宇都宮にいった。 石田衣良『赤・黒(ルージュ・ノワール) 池袋ウエストゲートパーク外伝』より引用
  • あとをけてきた宗介は、店内の奥まった一角に腰を落ち着けていた。 賀東招二『フルメタル・パニック!01 戦うボーイ・ミーツ・ガール』より引用
  • ボックス席へ案内され、こしを落ち着けてさえ、数えきれない訪問を受ける。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第15巻 運命の赤い糸を信じますか?』より引用
  • ここに腰を落ち着けて、ちょっとどんなものか、様子をみてみよう。 久美沙織『小説 エマ 2』より引用
  • 次へ »

腰を落ち着ける の使われ方