腕を振るう

60 の例文 (0.00 秒)
  • また隠れ家生活でもソーセージ作りの腕を振るっていたようでもあった。 ...
  • またこれは腕のいい料理人にとり自慢の腕を振るう格好の機会でもあった。 ...
  • 島秀雄はこれらすべての機関車の設計構想に参加して縦横に腕を振るった。 ...
  • こうなることを見していたピアスキーが、自分でうでるったからだ。 ...
  • 出場者でもあるみんなのために今日の食事はいつも以上に腕を振るうとしますか。 ...
  • その間にアニェーゼはさらに一歩み出し、腰を回すように腕を振るう。 ...
  • 彼女たちが腕を振るうたび、白銀にも似た光が、まっすぐに走りぬける。 ...
  • アダムズは再び弁護士として腕を振るったが、まもなく政界に身を投じた。 ...
  • 人形の演者たちは硬い脚を振って腕を振るうように振り付けされた。 ...
  • あの子を喜ばそうと、あの子の喜びそうなメニューに腕を振るった。 ...
  • 珍しく本気で腕を振るったお袋の料理は、小さな居候にも好評だった。 ...
  • しばらくして、フランクはキースのために腕を振るうことになった。 ...
  • 惜しいかな時代はすでに戦国の世ではなく、腕を振るう場所はまったくなかった。 ...
  • 妻もそんな所に応えるために日々、料理の腕を振るっている。 ...
  • ミル先生に大いに腕を振るってもらうことにしましょう。 ...
  • 調理場面では、すわ本人が実際に魚をさばくなど、料理の腕を振るっている。 ...
  • 父・田中計三郎は山中温泉でも腕を振るった和食の板前で、その影響で料理の道に進む。
  • 次へ