脱原発

164 の用例 (0.01 秒)
  • また自身は脱原発依存の立場であり、原発は新設しないことを表明した。
  • また福島第一原子力発電所事故後は、保守の立場から脱原発を主張している。
  • しかし脱原発をはかっていたドイツにとってロシアの天然ガスは重要なものであった。
  • 減税日本・反TPP・脱原発を実現する党は、かつて存在した日本の政治団体である。
  • また脱原発を掲げ、同様に脱原発を目指す市民団体との協力を模索している。
  • ただし、ドイツの脱原発政策により、いずれも2020年代前半には閉鎖される。
  • また、反原発・脱原発・反公害など各種の運動家が交流目的に訪れるケースもある。
  • 脱原発派からは、原発をテロ攻撃から守ることは不可能ということがしばしば指摘される。
  • 福島県を中心に、全国各地の大学で脱原発を志向する学生を「オルグ」している。
  • 高校生の時の英語ディベートを契機に、長年保守の立場から脱原発を主張している。
  • 福島第一原子力発電所事故発生以降も原子力発電の推進を主張し、脱原発の動きに懸念を表明している。
  • 上述のように福島第一原子力発電所事故後、自然エネルギーの普及と脱原発を掲げて精力的な活動を続けている。
  • いくつかの候補は将来的な脱原発は掲げていても、即時停止などはなく、現状では共存と安全性の向上を訴えた選挙となった。
  • そしてこれまでの小林よしのりの主張というのは菅直人とは異なっていたものの、脱原発論で述べられている主張は大半が同意できるものであるという感想を述べている。
  • その成果によって「脱原発」を実現したと自慢する声もある。
  • 作家たちによれば、脱原発は、石炭発電からガス発電への大きな変化と再生可能エネルギーをもたらすという。
  • なお、日本にある既存の政党に対しては「脱原発を実現する上で信頼できる既成政党はない」として批判的な立場を取っている。
  • 例えば、沖縄の米軍基地問題や脱原発の市民運動に対する金平の報道姿勢をめぐっては、政府批判の非妥協的な姿勢が前面に出すぎているとの批判がある。
  • 同日、減税日本・反TPP・脱原発を実現する党結党に参加した。
  • 公約として、うつ病・自殺対策や脱原発、五輪招致反対などを挙げた。
  • 次へ »

脱原発 の使われ方