脚光を浴びる

481 の例文 (0.00 秒)
  • 彼の父親の発表した論文は、国の枠を超えて世界で脚光を浴びていた。 ...
  • 一時期脚光を浴びたアビガンも当初は別の目的で開発された薬剤だった。 ...
  • 栗里にしてみれば黒所に来て以来初めて脚光を浴びた瞬間であった。
  • あと十年もすればわたしは天才ピアニストとして脚光を浴びるのよ、と。 ...
  • 自身が脚光を浴びたのはジェノアCFCでの活躍が認められたためであった。 ...
  • 新技術として乾留ガス化発電を用いたエネルギー利用が脚光を浴びている。 ...
  • 近年では多数の巨木が点在する地域として、脚光を浴びるようになった。 ...
  • 脚光という点では、いま、もっとも派手な脚光を浴びている職業である。 ...
  • 対抗試合にレギュラーとして出場すると、そのプレイは脚光を浴びる。 ...
  • ベルリンショーでVHSが脚光を浴びたのには、もう一つ理由があった。 ...
  • ところで、人が脚光を浴びた時、それを一番喜ぶのはきっと両親だと思う。 ...
  • 勝ち星は挙げられなかったが、地方の星として脚光を浴びる存在となった。
  • それまでだれも見たことがなかったような飛込みで一躍脚光を浴びたらしい。 ...
  • このことにより、この一帯は観光地として脚光を浴びるようになった。 ...
  • しかるに米倉の諸作は、出づるごとに次から次へと脚光を浴びて行った。 ...
  • 純子が作家として華々しい脚光を浴びてから、夫との関係が逆転していた。 ...
  • 日本でも、「パンペルデュ」の名で脚光を浴びるようになってきている。 ...
  • 次へ