脈々と

全て 副詞
229 の用例 (0.01 秒)
  • それが今も脈々と続いているわけです。
  • かつて戦国の昔、川中島の苦戦に耐えた謙信公以来の伝統は脈々と生きていた。 池宮彰一郎『四十七人の刺客(下)』より引用
  • この後者の時間はわれわれの前世から脈々と流れる不変の時間であり、死後も存在する時間である。 横尾忠則『なぜぼくはここにいるのか』より引用
  • 人類社会で古くから脈々と続けられてきた死刑制度であるが、日本では死刑が事実上廃止されていた時代があり、前近代社会では極めてまれな事例である。
  • あれだけ両親が嫌っていた孝輔の血が、これから大道寺の家に脈々と流れ続けるのだ。 楡周平『マリア・プロジェクト』より引用
  • 堅実な経営を脈々と続けてきたことで知られ、一貫する経営方針やその経営内容は大企業でも参考にするものが多い。
  • この話は、きっと便所に電球があった時代から全国各地で脈々と語られ続けている噂なのだと私は結論づけた。 松沢呉一『エロ街道をゆく ――横町の性科学』より引用
  • ミトコンドリアは、母から娘へ、娘からそのまた娘へと脈々と受け継がれていくものなのだ。 姫野友美『女はなぜ突然怒り出すのか?』より引用
  • つまり寄生虫が脈々と子孫を残していくためには、地域の生物群集が充分に保全されている必要がある。
  • そう、現代の御三家にも脈々と、残酷な風習が受け継がれているのだ。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 05 目明し編』より引用
  • 彼女の生活から消えてしまった恋が、すぐそばの、ごわごわした布のシャツの下の、彼女の美しさに感動しているこの若い心に脈々と波打っていることなど思ってもみなかった。 フローベール/白井浩司訳『ボヴァリー夫人』より引用
  • その伝統の精神は、いまでも脈々と生きている。 中川靖造『創造の人生 井深大』より引用
  • しかし実は歴史の裏面へ姿を隠しただけで、いわば地下へもぐった歴史の流れはなお脈々とつづくのだ。 坂口安吾『安吾の新日本地理』より引用
  • 現在では緩和されたしきたり・風習もあるが、山宿は現在も脈々と受け継がれている。
  • 奈良なら王朝の寺々もほとんどこの飛騨の匠の作品ではないかといわれているくらいの古雅な伝統は脈々といまもこの町の家や橋に伝えられている。 山田風太郎『忍法封印いま破る』より引用
  • 創業の江戸時代の元禄期から現在まで脈々と受け継がれている。
  • これは昭和の頃より脈々と続いており、高校3年生全員が扇を使って舞う様は圧巻である。
  • 生殖細胞だけは、生命誕生以来脈々と続いていて、不死性を持っているといっても過言ではないのだ。 鈴木光司『ループ』より引用
  • こいつにも、八頭の血は脈々と流れているのだった。 菊地秀行『トレジャー・ハンター18 エイリアン黒死帝国 下』より引用
  • しかし逮捕や投獄の圧力を受けても、インディアンたちは脈々と信仰を受け継いできた。
  • 次へ »