脅す

全て 動詞
719 の用例 (0.00 秒)
  • あなたは、私に脅されたってことにしておけば罪にはならないでしょう? 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 03 赤い彗星』より引用
  • もちろん、この男が脅して来たのなら、何も声をかけることはなかった。 峰隆一郎『殺人急行北の逆転240秒』より引用
  • 脅しているのかブラック・ユーモアのつもりなのかさえ判断がつかない。 諸口正巳『不死身のフジミさん 殺神鬼勧請』より引用
  • あいつは娘の命を助けなかったら、おれの汚職を明らかにすると脅した。 朔立木『死亡推定時刻』より引用
  • もともと、逮捕されたのは仲間の一人が被害者の関係者に脅されたからだ。 読売新聞大阪社会部『逆転無罪 少年はなぜ罪に陥れられたか』より引用
  • 先に行かせたのは俺だし、もし奴の脅しが本当なら強制労働を三日だ。 ベニー松山『隣り合わせの灰と青春』より引用
  • その槍騎兵ウーラーンは、きっとわたしが脅しをかけていると思ったにちがいない。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書2』より引用
  • あたりまえのことなので、脅す材料だとは思っていないのかもしれない。 伊岡瞬『いつか、虹の向こうへ』より引用
  • なぞめいているわけでもなく、ましてやおどしのようなひびきも一切いっさいなかった。 賀東招二『フルメタル・パニック!03 揺れるイントゥ・ザ・ブルー』より引用
  • この場合は、ゴミ箱に捨てた理由は脅すためではなかったかもしれない。 森博嗣『X 02 キラレ×キラレ』より引用
  • 本人をじかに脅さずに、一番知られたくねえところから始めやがるのよ。 山本一力『損料屋喜八郎始末控え』より引用
  • 自分たちはいつでもお前たちをゼロ領域に叩きこめるのだと脅すために。 雨木シュウスケ『レジェンド・オブ・レギオス 第03巻 レギオス顕現』より引用
  • ついこの前まで盲目的に慕ってくれていた若者が、今は私を脅していた。 坂東眞砂子『旅涯ての地(上)』より引用
  • あなたをおどして言いなりにしていた作者はもうこのにいないのですわよ? 鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 07』より引用
  • どうやら、ギャラックは自分をおどすためにきたのではないみたいだった。 水野良『ロードス島戦記 6 ロードスの聖騎士(上)』より引用
  • とにかく、万一にも襲われたら、音を出して脅してやろうと考えたのだ。 西村京太郎『私を殺しに来た男』より引用
  • 嘘を言うとあんたも逮捕されるかもしれない、と脅すように言われた。 朔立木『死亡推定時刻』より引用
  • 残りの三頭は、群を脅した金属の巨人に角を立て、踏みつぶそうとした。 R・エイヴァリー『アルゴスの有毒世界』より引用
  • やんわりと脅して反応をみたが、案に相違して画家はにこにこしていた。 鮎川哲也『戌神はなにを見たか』より引用
  • 脅すように言うのだが、一年生たちは睨むのをやめようとはしなかった。 奥田英朗『邪魔』より引用
  • 次へ »