脅える

全て 動詞
126 の用例 (0.00 秒)
  • それをここまで脅えさせる相手というのは、そうそういるものではない。 児玉ヒロキ『イット2』より引用
  • 唸るほどの金を持っているにもかかわらず迫り来る死の影に脅えている。 楡周平『マリア・プロジェクト』より引用
  • でも、彼は想像していた以上に脅え、想像していた以上に無抵抗でした。 吉村達也『出雲信仰殺人事件』より引用
  • こうして別居するまで僕はずっと彼女の言葉や態度に脅えて暮らしてきた。 尾崎豊『普通の愛』より引用
  • 今まで脅えていたくせに黒猫がみーみーと不満そうな声をあげた。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第03巻』より引用
  • しかし女の目は、脅えというよりも、好奇心に満ちているようにも見えた。 曽根圭介『鼻』より引用
  • ところが彼女はおびえもせず、敵軍の弱点を見つけた将軍のような顔をした。 賀東招二『フルメタル・パニック!02 疾るワン・ナイト・スタンド』より引用
  • 僕らを馬鹿にしているようにも見えるし、脅え切っているようにも見えた。 吉田修一『パーク・ライフ』より引用
  • それが、自分以上に迅人を脅えさせたのではないかと思ったのだった。 井上荒野『だりや荘』より引用
  • 木戸も東條も、一面では自らのこれまでの幻影に脅えているともいえた。 保阪正康『東條英機と天皇の時代(上) 軍内抗争から開戦前夜まで』より引用
  • 血のつながりは強くても、人は脅えから、どんなことだってやりかねない。 坂東眞砂子『旅涯ての地(下)』より引用
  • 草ぶるいを見たことがないいとは、最初、夫が死ぬのではないかと脅えた。 阿井景子『西郷家の女たち』より引用
  • いまのあなたみたいに脅え切って生きていかなければならないと? 柳美里『タイル』より引用
  • 私は、何を云ったろうと、思いおこせぬ自分の出まかせの言葉に脅えた。 壇一雄『リツ子 その愛・その死』より引用
  • 自分たちの街も放火されるのではないかと脅え、異常に彼らを監視したのだ。 山本弘『神は沈黙せず』より引用
  • 自分のことなら脅えるだけだったが母のことを揶揄されるのは悔しい。 長嶋有『猛スピードで母は』より引用
  • 彼の目の前にいるのは、それまでのおびえきった少女ではなかった。 賀東招二『フルメタル・パニック!01 戦うボーイ・ミーツ・ガール』より引用
  • だが、実際会ってみて、あの脅えは本物ではないかとも思われてきた。 服部まゆみ『一八八八 切り裂きジャック』より引用
  • いかりが表に出ていたのだろう、急に綾がおびえたような表情ひょうじょうを見せる。 新井輝『ROOM NO.1301 02 同居人は×××ホリック?』より引用
  • 深夜の訪問への文句と取られ、鷹原の機嫌を損ねることへの脅えだろうか? 服部まゆみ『一八八八 切り裂きジャック』より引用
  • 次へ »