胸くそが悪くなる

17 の例文 (0.00 秒)
  • 胸くそが悪くなるような写真を何とか無視して、ハリーは記事を読み進めた。 ...
  • が、それはこの胸くそが悪くなるような男のためにではなかった。 ...
  • 男みたいな感じの未婚の叔母おばで、近づくだけでも胸くそが悪くなるような女だった。 ...
  • 胸くそが悪くなるような様子をしていた。 ...
  • 女のつらを見るとわしぁ胸くそが悪くなるのです。 ...
  • だがあんたを見るだけで胸くそが悪くなるわい。 ...
  • 考えただけでも胸くそが悪くなる。 ...
  • あたりを見まわしてみれば、つき合っていて胸くそが悪くなるような狡猾で腹黒い連中が顔をそろえている。 ...
  • ちかごろの彼の態度たるやひどく愛想がよく、それが彼には似つかわしくないものだからいたってぎごちなくて、こちらは胸くそが悪くなるばかりだ。 ...
  • まったく憎々しい、毛の生えていない、悪党面をした奴で、その長い、禿げた尻っぽを見ただけで胸くそが悪くなる。 ...
  • 桃色の、生き生きした、いかにもあつかましそうなその顔は、これまでの私の観察によると、ほとんどきまって男にとっては胸くそが悪くなるかわり、残念ながら女には、大てい好かれるといった、そうしたたぐいのものであった。 ...
  • 注射をうつと朝から胸くそが悪くなる。 ...
  • さがって身体を洗い流してこい、胸くそが悪くなる。 ...
  • 助平ったらしい手で頬をつねってもらい、「かわいい子ちゃん」と呼んでもらい、 胸くそが悪くなるような汚らわしいキスの二つ三つもしてもらい、 あの呪われた指先で首筋あたりをまさぐりくすぐってもらえばいいんだ。 ...
  • 「しかしですね、こんなべっぴんが、くそ坊主なんかに肩入れして生命を落とすのを見るなんてのは、まったく胸くそが悪くなるんです」 「もういい」と、軍曹が言った。
  • 吉田健一は、「体格は立派だが頭は痴呆の青年の生態を胸くそが悪くなるほど克明に描写した作品」と酷評し、「ハード・ボイルド小説の下地がこの作品にはある」とした上で、「その方を伸ばして行けば、『オール讀物』新人杯位まで行くことは先づ請け合へると思ふ」と述べている。 ...